これまでの取組み 
 厳しい財政状況の下、限られた財源を有効に活用し、必要な社会資本の整備を着実に進めるために、平成9年度から公共事業のコスト縮減に取り組んでいます。



第4次取組み指針(H22年3月)
 今までの「工事コスト」の縮減を図る取組みは限界を迎えており、単にコストを下げるというある一面のみの取り組みから、適正な価格で品質を向上させる「コストと品質の両面を重視する取組み」への転換を図る必要があることから、平成22年3月に本指針を策定しコスト縮減に取り組んでいます。


 

平成22年度の縮減実績 
平成23年度の縮減実績 [NEW] 
 平成23年度の香川県公共事業コスト縮減実績は、工事の計画から施工、将来の維持管理までの各段階における諸対策を実施し、基準とした平成15年度に対し縮減率で17.0%、縮減額で約74億円のコスト縮減が図れました。