平成28年度 香川県公共事業評価委員会の概要




審議の経過

 平成28年度は下記のとおり審議が行われました。

公共事業評価委員会委員 7委員(敬称略)

委員長

井原 健雄

香川大学名誉教授

副委員長

白木 渡

香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構副機構長

委員

池田 弘子

()人間科学研究所所長

委員

佐藤 好美

佐藤好美建築工房主宰

委員

元山 清

(一社)香川経済同友会専務理事事務局長

委員

角道 弘文

香川大学工学部教授

委員

末永 慶寛

香川大学工学部教授

 

再評価対象事業

  各総括表の区分欄は以下の内容により、再評価の対象となったもの。

区分

内     容

事業採択後5年目で未着工の事業

事業採択後5年目(1)で継続中の事業

事業採択前の準備・計画段階で5年間が経過している事業

再評価実施後、5年間が経過している事業

その他[社会経済情勢の急激な変化等により評価の実施の必要が生じた事業]

 
 ※1 : 国が定める再評価実施要領に基づく再評価対象事業以外の事業については、10年目とする。

番号

事 業 名

道路・河川名等

事業主体

工事箇所

着手
年度

経過
年数

区分

詳細
審議
事業

対応
方針

意見書

社会資本整備総合交付金事業

(防災・安全交付金)

 

(広域河川改修事業)

本津川

香川県

高松市

S43

河川整備計画

策定後
5年 

継続

意見書1

港湾環境整備事業

内海港

香川県

小豆島町

H 9

再評価後

5

継続

港湾環境整備事業

観音寺港

香川県

観音寺市

H 9

再評価後

5

継続

河川総合開発事業

椛川ダム

香川県

高松市

H 8

事業進捗による

計画の見直し

E

継続

水道水源開発等施設整備事業

椛川ダム

高松市

高松市

H 8

事業進捗による

計画の見直し

E

継続

意見書2

 

事後評価対象計画(社会資本総合整備計画等)

番号

計画の名称

計画の目標

事業主体

事業箇所

着手
年度

完了
年度

H29以降

継続計画

策定予定

意見書

社会資本総合整備計画

安全・安心なみちづくり(防災・安全)

・歩行者・自転車・自動車等が安心して歩行・走行できる道づくりを行うとともに、道路利用者である県民の交通安全意識を高め、安全、安心なまちづくりを進める。

香川県

16市町

香川県

16市町

H24

H28

意見書3

社会資本総合整備計画

安全・安心な通学路づくり(防災・安全)

・「通学路交通安全プログラム」に基づく通学路点検により、対策が必要となった箇所や緊急輸送道路において、通学者(徒歩通学・自転車通学)が安心して通学できる通学路づくりを行う。

香川県

3

香川県

3

H24

H28

社会資本総合整備計画

四国地方における災害時の輸送路としてのICアクセス道路等の整備

・四国地方における南海地震に備え、高速IC等との直結を含むアクセス整備を推進し、県内及び他3県が被災した場合の円滑な避難、復旧活動を支援する道路ネットワークを構築する。

香川県

香川県

H24

H28

社会資本総合整備計画

安全・安心のまちづくり(防災・安全)

・観音寺市の公園施設や市民の安全性、防災性の向上を目指し、安全・安心のまちづくりを実現する。

観音寺市

観音寺市

H24

H28

意見書4

社会資本総合整備計画

安全・安心のまちづくり(防災・安全)

・坂出市は,西日本有数のコンビナートや密集市街地を抱えており,南海トラフ巨大地震等の発生時には大規模な火災の発生が懸念される。このような中,災害による被害を最小限に抑えるため,自主防災組織の育成・資機材整備の支援,個人住宅の耐震化への助成等により地域の防災力の向上を図っている。現状においては,地震や風水害などから,住民の命を守るため,ホームページ,携帯メール,広報車等複数の方法で避難情報などを発信しているが,いずれも利用者が限定されるなどの課題がある。そこで,住民に対して広く一斉に避難情報などを周知するシステムを整備することにより,住民の安全性,防災性の向上を目指し,安全・安心のまちづくりを実現する。

坂出市

坂出市

H26

H27

意見書5

社会資本総合整備計画

人々が助け合う安全・安心なまちづくり(防災・安全)

・過酷な災害状況下においても機能停止に陥らない堅牢性、ライフライン途絶時にも機能を維持できる施設を整備することで、住民の安全性・防災性の向上を目指し、安全・安心のまちづくりを実現する。

三木町

三木町

H26

H27

意見書6

社会資本総合整備計画

防災拠点となる公園づくりおよび安全で安心して利用できる公園づくり(防災・安全)

・丸亀市地域防災計画に基づいた地域防災拠点として丸亀総合運動公園の整備を行ない、また、既存の都市公園施設の安全・安心対策を緊急かつ計画的に実施し、子供や高齢者をはじめ安全で安心して利用できる都市公園の整備を行う。

丸亀市

丸亀市

24

27

意見書7

農山漁村地域整備計画

小豆島町の漁業地域における高潮対策の推進

・漁業地域を対象に高潮等に対する被害から背後に密集する集落の安全・安心な町民生活を確保する。

小豆島町

小豆島町

24

28

意見書8



このページのトップへ

[公共事業の評価に戻る]