平成29年度 香川県公共事業評価委員会の概要




審議の経過

 平成29年度は下記のとおり審議が行われました。

公共事業評価委員会委員 7委員(敬称略)

委員長

井原 健雄

香川大学名誉教授

副委員長

白木 渡

香川大学四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構副機構長

委員

池田 弘子

()人間科学研究所所長

委員

佐藤 好美

佐藤好美建築工房主宰

委員

大谷 誠一

(一社)香川経済同友会専務理事事務局長

委員

角道 弘文

香川大学工学部教授

委員

末永 慶寛

香川大学工学部教授

 

再評価対象事業

  各総括表の区分欄は以下の内容により、再評価の対象となったもの。

区分

内     容

事業採択後5年目で未着工の事業

事業採択後5年目(1)で継続中の事業

事業採択前の準備・計画段階で5年間が経過している事業

再評価実施後、5年間が経過している事業

その他[社会経済情勢の急激な変化等により評価の実施の必要が生じた事業]

 
 ※1 : 国が定める再評価実施要領に基づく再評価対象事業以外の事業については、10年目とする。

番号

事 業 名

道路・河川名等

事業主体

工事箇所

着手
年度

経過
年数

区分

詳細
審議
事業

対応
方針

意見書

社会資本整備総合交付金事業

主要地方道 高松長尾大内線(大内工区)

香川県

さぬき市  東かがわ市

H 6

再評価実施後
5年 

 

継続

意見書1

 

社会資本整備総合交付金事業

国道438号(飯山工区)

香川県

丸亀市

H 9

再評価実施後

5

継続

社会資本整備総合交付金事業

(広域河川改修事業)

大束川

香川県

丸亀市

H 13

再評価実施後

5

継続

社会資本整備総合交付金事業

(総合流域防災事業)

桜川

香川県

多度津町

S 59

河川整備計画

策定後10年

B

継続

社会資本整備総合交付金事業

(地すべり対策事業)

横畑地区

香川県

まんのう町

H 20

事業採択後
10

B

継続

 

事後評価対象計画(社会資本総合整備計画)

番号

計画の名称

計画の目標

事業主体

事業箇所

着手
年度

完了
年度

H29以降

継続計画

策定予定

意見書

社会資本総合整備計画
地域の暮らしを守る安全・安心な下水道づくり(防災・安全)

・下水道施設の老朽化対策及び事前防災・減災対策を図り、市民の安全・安心な暮らしを守る。

香川県

11市町

香川県

11市町

H25

H29

意見書

 

社会資本総合整備計画
仏生山地区都市再生整備計画

(大目標)
・本市の目指す「多核連携型コンパクトエコシティ」の実現のため、中部東地域の地域交流拠点として、利便性の高い交流基盤の整備を図り、多様な交流を実現するとともに、災害拠点病院の指定を目指している新病院と連携した防災機能の強化を図ることにより、災害に強いまちづくりを実現する。
(目標1)
・多世代が交流できる施設等を整備するとともに、防災機能の向上に必要な事業を総合的に推進し、地域住民の誰もが安心・快適に暮らせる生活環境の創出を図る。
(目標2)
・本市南部地域の交通結節拠点として、ことでん仏生山駅を中心とした交通環境の整備を図り、利便性の高い交流基盤に支えられた活力と賑わいのあるまちづくりを進める。

高松市

高松市

H24

H28

意見書

 

社会資本総合整備計画
国分寺地区都市再生整備計画

(大目標)
・歴史・文化が調和するコミュニティ文化の創造を目指し、本市西部地域の生活交流拠点にふさわしい利便性の高い交流基盤の整備を図り、住民に身近なコミュニティの形成と多様な交流を実現する。
(目標1)
・本市西部地域の文化活動や伝統文化の継承・鑑賞の場、また、地域住民の交流の場となる文化施設の整備を図り、地域に根ざした文化と豊かな生活を創造するまちづくりを進める。 
(目標2)
・本市西部地域の玄関口にふさわしいJR端岡駅北口の交通環境の整備を図り、利便性の高い交流基盤に支えられた活力と賑わいのあるまちづくりを進める。

高松市

高松市

H23

H27

社会資本総合整備計画
観音寺市中心市街地地区都市再生整備計画

・交流とにぎわいの創出及び安全性、生活利便性が充実したコンパクトなまちづくり

観音寺市

観音寺市

H24

H28

意見書4

社会資本総合整備計画
地震に強いまちづくり(防災・安全)

・小豆島町の住民の安全性の確保、防災機能の向上を図るとともに、誰もが快適に安心して利用できる都市公園施設の改築を実施することにより、安全・安心なまちづくりを実現する。

小豆島町

小豆島町

H24

H28

意見書5



このページのトップへ

[公共事業の評価に戻る]