ページID:731

公開日:2020年3月2日

ここから本文です。

野外炊事の概要

【ページ内リンク】ライス系 うどん系 鉄板焼き系

野外炊事の全てのメニューは、下表のとおりです。「野外炊事の活動プログラム(PDF:288KB)」をご参照いただくとともに、不明な点等ございましたら、野外炊事担当職員までお問い合わせください(087-881-4428)。
また、全メニューのうち、多くの方が利用されるライス系、うどん系、鉄板焼き系の概要は、次のとおりですので、ご利用にあたっての参考にしてください。

野外炊事の全メニュー

野外炊事で作ることができる全てのメニューです。
朝食 和風朝食、洋風朝食、リゾット
昼食または夕食 カレー、うどん(冷やし・打ち込み)、焼きそば、親子丼、牛丼、豚丼、ビーフシチュー、鶏肉のホイル焼き、すき焼き風煮

 

 

 

ライス系

ライス系の代表として、カレーづくりの概要をお示しします。カレーのほか、牛丼や親子丼、豚汁なども作ることができますが、作り方はカレーとほぼ同じです。カレーづくりの詳細については、「カレーづくり(PDF:696KB)」をクリックし、ご確認ください。

カレーづくりの概要
利用人数 5~160人(1つの班を概ね8~10人とし、班に分かれて活動します。20班まで利用可能です。)
所要時間 全体説明から食器の洗浄・返却までで概ね5時間(参加者の人数や年齢等によって異なります。)
利用料金 1人当たり:500円+20円(薪代)(薪の追加は1束300円)
1グループ当たり:キャンプ用炊事用具230円
服装 活動しやすい服装(かまど係は長ズボン必須です。できれば、全員長袖、長ズボンをお勧めします。)
主な流れ 班員は、かまど係、調理係、用具係の3係(いずれも3名程度)に分かれて活動します。
雨天時 人数によりますが、雨天炊事場及びいろりの家を使って活動することができます。

うどん系

うどん系の代表として、打ち込みうどんづくりの概要をお示しします。主に夏場に冷やしうどんも作ることができますが、作り方は打ち込みうどんとほぼ同じです。詳細については、「打ち込みうどんづくり(PDF:760KB)」をクリックし、ご確認ください。

打ち込みうどんづくりの概要
利用人数 5~160人(1つの班を概ね20人とし、班に分かれて活動します。)
所要時間 全体説明から食器の洗浄・返却までで概ね3~4時間(参加者の人数や年齢等によって異なります。)
利用料金 1人当たり:500円+20円(薪代)(薪の追加は1束300円)
いろりの家炊事用具一式:930円
※施設使用に関する料金も別途発生します。
服装 活動しやすい服装(かまど係は長ズボン必須です。)
主な流れ 班員は、かまど係(3人)、調理係(5~8人)、うどん係(9~12人)に分かれて活動します。
雨天時 野外活動棟及びいろりの家での室内活動ですので、雨天時も特に支障ありません。

鉄板焼き系

鉄板焼き系の代表として、焼きそばづくりの概要をお示しします。鶏肉のホイル焼きも作ることもできます。詳細については、「焼きそばづくり(PDF:688KB)」をクリックし、ご確認ください。

焼きそばづくりの概要
利用人数 5~120人(1つの班を概ね6~8人とし、班に分かれて活動します。12班まで利用可能です。)
所要時間 全体説明から食器の洗浄・返却までで概ね3時間(参加者の人数や年齢等によって異なります。)
利用料金 1人当たり:500円+20円(薪代)(薪の追加は1束300円)
1グループ当たり:キャンプ用炊事用具230円
服装 活動しやすい服装(かまど係は長ズボン必須です。できれば、全員長袖、長ズボンをお勧めします。)
主な流れ 班員は、かまど係(2名程度)、鉄板係(2名程度)、調理係(3名程度)に分かれて活動します。
雨天時 人数によりますが、雨天炊事場を使って活動することができます。

 

このページに関するお問い合わせ

教育委員会五色台少年自然センター

電話:087-881-4428

FAX:087-881-4484