ホーム > 組織から探す > 廃棄物対策課 > 環境学習 > 買い物から暮らしを見直してみよう

ページID:10815

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

買い物から暮らしを見直してみよう

これまでの一方通行型社会

材料を買うとき

  • 見栄えの良いパック入りを買う
  • 不必要そうでも安ければとりあえず買う
  • ただなのでレジ袋をもらう

  • パックや包装がごみになる
  • 使わずだめになったものがごみになる
  • レジ袋がごみになる

料理を作るとき

  • いっぱい作ったほうがおいしそうなのでたくさん作る
  • 買ってきたばかりのものから使う
  • 野菜の切れ端は捨ててしまう
  • 使い捨てのお皿やカップを使う

  • 食べ残しがたくさんできる
  • 前に買ってあるものが腐ってしまう
  • 生ごみがたくさんできる
  • お皿やカップがごみになる

これからの循環型社会を目指すため、どうすればいいのか、考えて書き込んでみよう

これまでの一方通行型社会

生活用品を買うとき

  • 再生した原料を使用していない安い製品を選ぶ
  • 使い捨ての入れものに入ったものを買う
  • 安ければとりあえず買う

  • リサイクルされた商品が売れない
  • 入れものがごみになる
  • 使わずに古くなり結局ごみになる

出たごみを捨てるとき

  • 生ごみを水切りせずそのまま出す
  • カンもびんも燃えないごみに混ぜて出す
  • 牛乳パックを燃えるごみで出す

  • 水分でごみが重くなる
  • 混ざってリサイクルができなくなる
  • 灰になってリサイクルができなくなる

これからの循環型社会を目指すため、どうすればいいのか、考えて書き込んでみよう

←「買い物のときからごみのことを考えてみよう」に戻る トップページ 「お酒の工場にやってきたよ」に進む→

このページに関するお問い合わせ