Let's Quiz!
クイズに挑戦してみよう!
TOP
どうなってるの?
■香川県のごみは今!
どこいくの?
■ごみの流れを追って
どうなるの?
■リサイクルの話
どこにあるの?
■処理施設紹介
 リンク集
お問い合せ
 Q&A
ダウンロード
家電リサイクル法とは?
●家電リサイクル法の本格施行について
  資源の有効活用とクリーンな環境のために
◎ 家電リサイクル法とは、どのような法律ですか。    

現在、全国で廃棄される家電製品(エアコン、ブラウン管テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機の4品目)は、年間約2,300万台(推計)です。これらの家電製品には、金属やガラスなどリサイクルが可能な資源が多く含まれているにもかかわらず、金属回収されているものは一部であり、その大半は埋立処分され、最終処分場のひっ迫の原因となっていました。
このため、廃棄物の減量や限りある資源の有効利用の観点から、リサイクルの新たな取組みを構築するために制定されたのが家電リサイクル法です。
なお、この法律の対象となる機器は、エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機です。
【液晶テレビ・プラズマテレビ、衣類乾燥機は平成21年4月1日から対象機器に追加されました】


◎ 消費者や小売業者等の役割は何ですか。    
消費者(使った人)
新しいものに買い換える場合は新しい製品を買うお店に、廃棄だけの場合はその製品を買ったお店に、それぞれ連絡して引取ってもらってください。その際、小売店に所定の料金(収集運搬料金+リサイクル料金)を支払うことになります。
小売店(収集・運搬する人)
消費者から引取った家電製品を、家電メーカーの指定引取場所まで運搬し、家電メーカーに引渡します。
家電メーカー(再生する人)
引取った家電製品を再商品化(再資源化)します。その際、併せて、エアコンと冷蔵庫に含まれる冷媒用フロン・代替フロンを回収・処理します。