家電のリサイクルに
ご協力ください
◎ 消費者のみなさんへ    

使わなくなった家電品(テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機、エアコン)は家電リサイクル法に基づき家電メーカー等にリサイクルが義務付けられています。

(平成21年4月1日から液晶テレビ・プラズマテレビ、衣類乾燥機も日法律の対象機器に追加され、メーカーによって回収・リサイクルが行われます)

家電品を捨てるときは、買い替えのときなら販売店に引き渡してください。
それ以外は、その家電を買った販売店に引き取ってもらってください。
引渡しのときには、メーカーが廃家電を引き取りに来る場所までの
運搬料金とリサイクル料金が必要です。
料金を支払うと「家電リサイクル券」が発行されます。



ず受け取って保管しましょう。
家電リサイクル券の番号で、廃家電がリサイクルされたかどうかを確認できます。
詳しくは 家電リサイクル協会のホームページ をご覧ください


◎ 家電販売店のみなさんへ    
家電を中古品として引き取る場合は、確実に使えるものだけを選んでください。
使えないものは家電リサイクル法に基づいて適正に指定引取場所に引き渡してください。
中古品として売るときは、信用のおける業者を選び、必ず買い取ってもらうか無料で引き取ってもらってください。
お金を払って中古品を引き渡すと、法律違反になります。
中古品で売ると称して安価で引き取る業者は不法投棄を行うことがあります。
不法投棄された場合には引き渡した小売店も処罰されたり、撤去費用を負担しなければならないことがあります。