ホーム > 組織から探す > 廃棄物対策課 > 豊島問題 > 関連資料 > 豊島廃棄物等中間処理施設の稼動に伴う環境影響予測について

ページID:10864

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

豊島廃棄物等中間処理施設の稼動に伴う環境影響予測について

豊島廃棄物等中間処理施設の稼動に伴う煙突からの排出ガスが周辺地域へ及ぼす影響について、大気拡散式により拡散状況を予測しました。
この結果は下表のとおりであり、この施設の稼動に伴い増加すると考えられる硫黄酸化物等の濃度は、最大着地点においても、現況値(直島町役場測定局での測定値)に比べて十分に低い値であり、施設の稼動後の予測濃度は環境基準を満足しています。

拡散状況予測表
項目 バックグラウンド値1)
(直島町役場測定局の
最近5年間における
年平均値の最大値)
A
中間処理施設稼動に
伴う最大着地点での
増加分(年平均値)
B
中間処理施設
稼動時の予測濃度
(年平均値)
A+B
硫黄酸化物(二酸化硫黄)
(環境基準に対する割合%) 2)
0.008 ppm
(50.8%)
0.00045 ppm
(3.9%)
0.00845 ppm
(54.7%)
窒素酸化物(二酸化窒素)
(環境基準に対する割合%) 2)
0.035 ppm
(77.9%)
0.0023 ppm
(4.4%)
0.0373 ppm
(82.3%)
ばいじん(浮遊粒子状物質)
(環境基準に対する割合%) 2)
0.033 mg/立方メートル
(73.5%)
0.00052 mg/立方メートル
(1.0%)
0.03352 mg/立方メートル
(74.5%)
  • 備考1:直島町測定局における硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじんの現況値は、それぞれ、二酸化硫黄、一酸化窒素+二酸化窒素、浮遊粒子状物質についての測定値。
  • 備考2:上記の表の( )中の数値は、硫黄酸化物、窒素酸化物、ばいじんのそれぞれについて、豊島廃棄物等処理技術検討委員会報告書記載の式(NOx→NO2、年平均値→日平均値)を用い、二酸化硫黄、二酸化窒素、浮遊粒子状物質の日平均値を算出し、大気環境基準に対する割合を求めたもの。

環境影響予測(豊島廃棄物等中間処理施設)

関連資料ページへ戻る

このページに関するお問い合わせ