ホーム > 組織から探す > 人事委員会 > 職員採用 > 新規採用者の声 > 新規採用者の声(土木:伏見和真)

ページID:22649

公開日:2021年4月1日

ここから本文です。

新規採用者の声

土木

高松土木事務所
都市港湾課
技師 伏見和真
(令和2年度採用)

伏見和真の写真

高松港/港湾環境整備工事の出来形確認

県職員志望動機

私は大学時代、災害ボランティア活動に力を入れていました。実際に愛媛県や岡山県などの被災地に行って、被害の様子を見たり、住民の方から話を聞いたりすることで、インフラ整備の重要性を実感し、「自身が生まれ育った香川県をより安心して過ごすことのできる県にしたい」と思ったことから、香川県職員を志望しました。

現在の職務内容

出先機関の一つである高松土木事務所の都市港湾課に所属しており、主に高松港の港湾・海岸保全施設の工事発注や監督業務を行っています。新しい構造物を建設するだけでなく、既存施設の維持修繕や施設点検などの業務も行っています。

工事の発注とは、業者が施工するために必要な図面などを作成し、必要な材料の寸法や数量を図面から読み取って工事費を積算することが主な内容です。監督業務とは、発注したとおりに工事が施工されているかを監督することで、使用する材料の確認を行ったり、施工途中の出来形・品質を現地で確認しています。

入庁前と入庁後のギャップは?

入庁前は、屋内でのデスクワークが多いイメージを持っていましたが、入庁してみると、調査や監督業務を行うために現場に出ることが多く、驚きました。また、一つの業務だけに集中しているのかと思っていましたが、実際には、同時期に複数の業務を担当することになるので、スケジュールの管理や効率よく業務を処理していくことが求められます。

公文書の作成や、土木知識が求められる現場対応など、入庁してすぐは分からないことだらけだと思いますが、上司や周りの先輩方にアドバイスを受けながら業務を行うことになるので、心配する必要はありません。私も少しずつではありますが、自分で対応できることが増えてきて、自信につながっています。

受験希望者へのメッセージ

「公務員」という仕事は具体的にどういったものなのか想像するのが難しく、また、就職活動をする時間が長いため、モチベーションを保つのが大変だと思います。就職説明会やインターンシップに積極的に参加することで、将来自分が県職員として県民のために働いていることをイメージしながら就職活動を乗り切ってほしいです。みなさんと一緒に働けることを楽しみにしています。

(掲載内容は、令和3年2月現在のものです。)

新規採用者の声一覧に戻る

 

このページに関するお問い合わせ

各種委員会人事委員会事務局

電話:087-832-3712

FAX:087-806-0229