ホーム > 組織から探す > 人事委員会 > 職員採用 > 新規採用者の声 > 新規採用者の声(水産:西岡俊洋)

ページID:22647

公開日:2021年4月1日

ここから本文です。

新規採用者の声

水産

水産試験場
環境資源部門
技師 西岡俊洋
(令和2年度採用)

西岡俊洋の写真

瀬戸内海のプランクトン調査

県職員志望動機

私は子どもの頃に始めた釣りをきっかけに、海や海の生き物に興味を持っていました。そのこともあり、大学は水産学部へ進学しました。大学では、生き物だけではなく、船や食品に関することなど、幅広く水産に関することを学びました。

卒業後、水産とは全く業界の異なる民間企業へ就職しましたが、やはり海や魚に関する仕事をしたいと思い、転職を決めました。大学時代に得られた知識や技術をより高め、香川県の素晴らしい水産物を広めることができればと考え、香川県の水産職を志望しました。

現在の職務内容

私は、水産試験場の環境資源部門に配属され、瀬戸内海の燧灘を中心に資源や環境に関する業務を担当しています。

必要な知識が不足しており、分からないことばかりですが、周りの先輩方に支えていただきながら頑張っているところです。

入庁前と入庁後のギャップは?

入庁前の公務員イメージは、常にパソコンと向き合い、難しいことが書かれた書類を扱う職種のイメージがありましたが、実際はフィールドでの調査や魚の解剖などといった自然と関わる業務や、漁業者の意見を聞くなどといった人と関わる業務も行っています。

受験希望者へのメッセージ

公務員試験は、出題範囲も広く、くじけることもあるかと思います。息抜きをして、切り替えながら頑張ってください。

私自身もまだまだ未熟ですが、県職員として採用されたみなさんと共に学びながら、一緒に働ける日が来ることを心待ちにしています。

(掲載内容は、令和3年2月現在のものです。)

新規採用者の声一覧に戻る

 

このページに関するお問い合わせ

各種委員会人事委員会事務局

電話:087-832-3712

FAX:087-806-0229