選択された部分を音声で聴くにはJavaScript が必要です
香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ

Listen to this page using ReadSpeaker
スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 > 環境レポート >「第9回全国緑のカーテンフォーラムinかがわ」を開催しました!
「第9回全国緑のカーテンフォーラムinかがわ」を開催しました!

かがわ国際会議場

 平成28年5月21日(土曜日)、緑のカーテンに関わる人々が一堂に会し、その効果や意義について語り合う全国フォーラムが、高松市のかがわ国際会議場で開催されました。
 県内外から250名の方が参加し、講演やパネル展等を通じて、緑のカーテンの広がりを再確認する一日となりました。


 ラジオでおなじみの生島ヒロシさんによる特別講演では、心と体の健康、そして地球の健康(=環境)という観点から、一人ひとりが「エコ人間」となって、健康に、かつ環境に負荷をかけない生き方をすることの大切さが語られました。


 NPO法人緑のカーテン応援団の菊本るり子さんによる基調講演では、緑のカーテンの育て方や効果が紹介されたほか、小学校教諭としての視点から、緑のカーテン作りを通じた子供たちの成長という教育的な価値も語られました。

基調講演講師の菊本るり子さん 映像を交えたわかりやすいお話に、会場の皆さんも聞き入っていました。

 シンポジウムでは、コーディネーターにNPO法人緑のカーテン応援団理事の三ツ口拓也さんを迎え、うどん県副知事の木内晶子さん、直島のカフェ「島小屋」で緑のカーテンに取り組む山岸紗恵さん、駅舎での緑のカーテン設置を進める高松琴平電気鉄道(株)取締役・運輸サービス部長の植田俊也さん、「かがわ緑のカーテンコンテスト」で2年連続受賞した多度津高校生徒会の大喜多洋一さんの計5人が、自分たちの活動を紹介しつつ、緑のカーテンを地域に広げる方法や意義について意見を交わしました。

パネリストの皆さんは、エピソードを交えながら、それぞれの立場での取組みを紹介しました。

 会場入り口では、企業やNPO、自治体の環境保全への取組みを紹介するパネル展示や物販が催され、ゴーヤ料理のレシピ集や水耕栽培キットなどが並び、来場者の方々の目を引いていました。

会場入り口に所狭しと並んだパネルやグッズなど。足を止め、手に取って眺める来場者の方も。

 サンポート高松・デックスガレリアの特設ステージでは、京都府福知山市からみどりの親善大使「ゴーヤ先生」を招き、失敗しないための緑のカーテン作り方講習会も実施しました。

カーテン育成のコツを語る土田真奈見さんとゴーヤ先生。ウミゴミラとの夢の対面も…!?

 緑のカーテンを通じて多くの人が出会い、繋がる、意義深い一日となりました。この繋がりと緑のカーテンが地域へ、全国へと広がるよう、香川県では一層の普及促進へ取り組んでいきます。


※この事業は、全国モーターボート競走施行者協議会からの拠出金を受けて実施したものです。

 主催/香川県、香川県地球温暖化防止活動推進センター((公財)香川県環境保全公社)、NPO法人緑のカーテン応援団