香川の環境のトップページに戻ります  


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川県自然記念物

小蓑熊野神社社叢(植物)

【香川県自然記念物 14】
  • 写真1 (2012年6月撮影)
 小蓑熊野神社社叢は、香東川上流の小盆地三木町小蓑の花崗岩の小高い山にある。
 常緑広葉樹が多く生えており、高木層には、スギ、アラカシ、ウラジロガシ、ヤブツバキ、カゴノキ、クスノキがあり、落葉広葉樹のコナラ、アベマキ、ムクノキ、ホオノキも混生する。亜高木層、低木層には、ツクバネガシ、アラカシ、ヤブニッケイ、シキミ、ヒイラギ、センダン、タカノツメ、アセビ、リョウブなどがある。樹種豊かで、よく繁茂した社叢である。
指定日 所在地
昭和51年3月23日 木田郡三木町大字小蓑字中筋1325番1、1342番、1912番

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.