香川の環境のトップページに戻ります  


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川県自然記念物

丸岡八幡神社社叢(植物)

【香川県自然記念物 39】
  • 写真1
(2005年8月29日)(2005年8月29日)
 丘陵部にあるツブラジイとアラカシを優占種とする常緑広葉樹林の社叢で、一部にクロマツ、スギ、ヒノキが見られる以外は完全な暖帯性の樹林構成をしている。林内は自然状態が良好に保存され、植物生態的にも安定しており、この地域周辺の代表的常緑広葉樹林として、高く評価できる。
 特に、ツブラジイは幹太く、樹齢的にも優れており、樹勢旺盛で、後継樹も各断層に多く見られる。
指定日 所在地
昭和59年3月21日 木田郡三木町大字氷上字宮下4802番1、4834番2

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.