香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川県緑地環境保全地域

間川緑地環境保全地域

【香川県緑地環境保全地域 5】

  • 写真1
(2006年2月9日)
 本地域は、志度町南部にある峰堂峠の東側斜面に位置する。
 植生は、地形の変化に応じて複雑であるが主としてアカマツである。
 しかし、一部は昨今の松くい虫被害により枯損状態になっている。それに代わってコナラ、アベマキなどの樹木が森林を構成しつつあり、極相への遷移途上の群落であるといえる。高木層としてアカマツ、クヌギ、コナラのほかクスノキ、アラカシ、ヤマモモ、ノグルミなどがあり、亜高木、低木層として、ヤブニッケイ、ヒサカキ、アセビ、アオキなどがあり、林床には、ヤブコウジ、イタドリなどのほかシダ植物が非常によく繁茂している。また、地域内のため池には水湿性植物が見られる。
 これら自然環境のほか、本地域内には”讃岐の良寛さん“と呼ばれた竹林上人(1758〜1800)ゆかりの間川三十二勝がある。

指定日 所在地 面積
昭和62年5月15日 さぬき市志度 4.24ha

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.