香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

祇園山(ぎおんさん)

【田園地帯のみどり 11】
位置:高松市 標高:275m
祇園山(ぎおんさん)
 祇園山は、平家物語やお伽草子の祇王、祇女が平清盛から逃れて移り住んだという伝承で知られている山で、山の頂上には金毘羅神社があり、ここから高松平野や屋島、女木島まで見渡すことができます。
 麓の集落の下谷地区には、歴史遺産が数多く残り、農村歌舞伎「祇園座」発祥の地となっています。
県道280号線(塩江街道)から県道165号線を専光寺付近へ
コラム
【祇園座】
  「祇園座」の由来は、江戸時代文化文政のころ阿波の徳島で習った芝居を、村祭りに氏神である平尾神社に奉納したのがはじまりとされ、安政のころ座名を「下谷若連中」とし、下谷歌舞伎は近村各地で人気を得ました。その後、明治に「一楽座」、昭和に「祇園座」に改名し、春の氏神様の祭りと、香川町の文化祭で公演しています。

アクセス

車:県道280号線(塩江街道)から県道165号線を専光寺付近へ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.