香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

白山(しらやま)

【田園地帯のみどり 8】
位置:三木町 標高:203m
白山(しらやま)
 白山はおむすび型をした山で、「三木富士」「東讃富士」とよばれ、讃岐七富士の一つになっており、三木町のシンボルとして地元の人々に親しまれています。山麓にある白山神社は、加賀の白山妙理権現を分祀した由緒があるなど、古くから祭祀と信仰の場であったことがうかがわれます。山頂付近には、「畳岩」とよばれる岩、天狗の顔が彫られた岩、穴があいた岩などの奇岩があります。この穴は一説によると志度方面に通じているとも、嶽山に通じているともいわれています。また、白山神社から頂上へは登山道が整備されています。
車:県道10号線バイパスまたは長尾街道を白山神社へ。
アクセス

琴電白山駅すぐで登山口。
車:県道10号線バイパスまたは長尾街道を白山神社へ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.