香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

粟島(あわしま)

【瀬戸内のみどり 18】
位置:三豊市
粟島(あわしま)
 粟島は、古くは小さい3つの島でしたが、やがて潮流によって砂州ができ、それが結び合わされて現在のようなスクリュー型の珍しい一つの島を形成したものと考えられています。
 3つの島には城山、紫谷山、阿島山の三山がそびえ、いずれも独立峰です。このうち城山には、かつて戦国時代に、香川氏が天霧城の支城として築いた粟島城があったと伝えられています。
 また、近代に設置された地方商船学校の第1号となる粟島海員補助学校は、昭和62年にその役割を終え廃校となりましたが、その瀟洒(しょうしゃ)な校舎は改修され、粟島海洋記念館として新たに生まれ変わり、今日の粟島のシンボルとなっています。
全景
丸亀港から広島江の浦港まで備讃フェリーで約40分。江の浦港から徒歩15分で江の浦側登山口へ。
アクセス

三豊市詫間町須田港から粟島港、詫間町宮の下から志々島上新田を経由し粟島港の2航路。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.