香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

六ツ目山・伽藍山・万灯山(むつめやま・がらんやま・まんとうやま)

【市街地に近いみどり 13
位置:高松市 標高:六ツ目山317m・伽藍山216m・万灯山158m
六ツ目山・伽藍山・万灯山(むつめやま・がらんやま・まんとうやま)
 六ッ目山・伽藍山・万灯山は、おむすび型をした三つの山が並び、美しい姿を見せてくれます。中でも一番大きな山が六ッ目山で、「御厩富士」ともよばれ、讃岐七富士の一つになっています。また、山頂には山の名前の由来ともなっている「空堀伝説」が伝えられています。
  伽藍山には行基が開いたといわれる「石鎚山讃岐別院 伽藍山万灯寺」があり、古くから修験道の霊場として信仰を集めてきました。また万灯山の名前は、この万灯寺に由来するといわれています。
JR端岡駅から南へ徒歩約30分。高松自動車道高松西IC出口すぐ。
コラム
【空堀伝説】
 山頂の堀のほとりに老夫婦とむすめが住んでいました。むすめは堀で3匹の魚を飼っており、かわいがっていました。ところが、どうした訳か老夫婦がむすめを殺してしまいました。すると、3匹の魚が次々に死んでしまいました。老夫婦は山の神のたたりと考え、むすめを供養してこの山を「ムスメヤマ」とよぶようになり、ここから六ツ目山(ムツメヤマ)になったと伝えられています。

アクセス

JR端岡駅から南へ徒歩約30分。高松自動車道高松西IC出口すぐ。
車:国道11号を高松市、国分寺町界付近へ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.