香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

金山(かなやま)

【市街地に近いみどり 19
位置:坂出市 標高:281m
金山(かなやま)
  金山は、四国で唯一のアルミニウム鉱床で知られており、山頂は「カンカン石」(P8参照)の名で知られるサヌカイト(古銅安山岩、通称讃岐石)で覆われています。このため、山の名前の由来も石と石がぶつかりあう金属音がもとになり、カネ石が転じて金山とよばれるようになったといわれています。
  かつて頂上は岩盤の固いはげ山でしたが、昭和33(1958)年から所有者などによる熱心な植林活動が行われ現在の姿になったといわれています。
JR坂出駅から南へ徒歩約15分で、山麓の御大師池側の登山口へ。
アクセス

JR坂出駅から南へ徒歩約15分で、山麓の御大師池側の登山口へ。
車:国道11号線金山トンネル付近北側。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.