香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

塩江温泉郷(しおのえおんせんきょう)

【讃岐山脈の水源の森 13】
位置:高松市
塩江温泉郷(しおのえおんせんきょう)
 塩江温泉郷は、環境省の「ホタルの里」として選ばれたところです。 また、塩江温泉は塩ノ井または潮の江ともよばれ、聖武天皇の時代に行基に発見され、さらに弘法大師により広められたと伝えられています。塩江温泉のほぼ中心部には「道の駅しおのえ」があり、隣接して湯治スポット「行基の湯」が整備されており、多くの人々が訪れます。上流にある内場池は県内屈指のダム湖で、高松市周辺地域一帯の水瓶となっています。
保全活動  周辺にある奥の湯公園キャンプ場では、キャンプ場の維持管理と併せて周辺樹木の保全が行われています。
車:国道193号を南下し、塩江温泉郷へ。
アクセス

JR高松駅から琴電バス塩江線で約60分、塩江バス停下車。
車:国道193号を南下し、塩江温泉郷へ。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.