香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境トップへ


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川のみどり百選

昼寝山(ひるねやま)

【讃岐山脈の水源の森 9】
位置:さぬき市 標高:460m
昼寝山(ひるねやま)
  昼寝山には、戦国時代の武将寒川氏の本城といわれる昼寝山城跡があります。戦時であっても「昼寝してても大丈夫」というのが名前の由来で、天然の要塞が形作られていたのです。
  かつては山腹一面にサクラが咲き、名所として知られていました。残念ながら昭和30年代に害虫などの影響で次々と枯れて、規模が小さくなってしまいました。その後、地元の人たちの手で植樹活動が続けられています。
車:県道3号線を南へ大多和バス停付近から徒歩。
コラム
【太郎兵衛】
 昼寝山の近くにある香川大学の「太郎兵衛館」付近の地名は、太郎兵衛といいます。
 名前の由来は、その昔、悪さをする山猿を退治した猟師の名前とも、この辺で修行した修験者の名前ともいわれています。

アクセス

琴電長尾駅近く大川バス本社前から大川バス長谷線大多和バス停下車、徒歩約30分で登山口。
車:県道3号線を南へ大多和バス停付近から徒歩。


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.