香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

大窪寺のイチョウ

【香川の保存木 130】
  • 写真1 (2012年)
 このイチョウは主幹が途中で切られているが、樹勢は良好であり、11月頃になると美しく黄葉する。また、周辺のモミジとの紅葉との調和も見事であり、時季になると、これを楽しみに訪れる人が多くなるという。樹皮にはノキシノブ等の着生が見られ、老樹独特のコブ(気根)も見られる。なお、大窪寺周辺は、女体山自然環境保全地域に指定されている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
26.0m 7.23m 東西:22.3m
南北:15.9m
さぬき市多和字兼割98

【道順】

第114号指定「大窪寺のサザンカ」を後にし、石段を登り切ると、本堂前の広場に出る。その広場の右手に聳え立っている大樹がイチョウである。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.