香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

和爾賀波神社のモミ

【香川の保存木 170】
  • 写真1 (2006年)
 神門をくぐると境内左手に大きなモミが2本あり、そのうち社殿側(奥側)の木が指定木である。安政年間の植栽で樹齢約150年と伝えられている。幹の途中から2つに枝別れしているが、モミ独特の樹形を保っている。

【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
24.0m 2.8m 東西:10.5m
南北:10.0m
木田郡三木町大字井戸1582

【道順】

県道10号線(さぬき東街道)を高松方面から東進し、新井戸川橋手前の信号を南に折れ、500mほど南進すると和爾賀波神社がある。

より詳しい地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.