香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 
現在地:香川の環境 >みどり・自然 > 「かがわの自然」ガイドマップ >香川の保存木 >30 平尾八幡神社のツブラジイ

香川の保存木

平尾神社のツブラジイ

【香川の保存木 30】
  • 写真1 (2001年)
 ツブラジイの幹は2つに分かれ、一方は折れているが、樹勢は旺盛である。11月頃には、黒いどんぐりを地面にたくさん落とし、足の踏み場もないようになる。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
19.7m 4.75m 東西:10.5m
南北:7.2m
高松市香川町東谷1552

【道順】

国道193号に架かる岩崎橋の北側交差点より、県道165号線に入り、東進する。しばらく進むと、市立東谷公民館があり、その手前300mほどの所で南に折れ、川を渡る。すると、正面に丘陵が見え、平尾八幡神社はその丘陵上にある。参道を進んで随神門をくぐると、右側(北側)の斜面がシイ林になっており、その中にツブラジイの巨木がある。

より詳しい地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.