香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

オリーブ園のオリーブ

【香川の保存木 104】
  • 写真1 (2014年)
 ここは、小豆島に最初に持ち込まれたオリーブの原木を植えた場所である。オリーブは、初夏には黄白色の花を枝一面につけ、梅雨の明ける頃に小さな実を結び、夏から秋にかけて緑から紫へと変色する。葉は常緑だが葉裏は銀色で、風に揺れてキラキラと輝いている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
7.0m 0.87m
(6本株立ち)
東西:7.0m
南北:8.9m
小豆郡小豆島町西村甲2171

【道順】

国道436号線沿いに小豆島オリーブ園がある。そして、オリーブ園内の坂道を登っていくと、200本ほどのオリーブが植えられた斜面に着く。ここは、小豆島に最初に持ち込まれたオリーブの原木を植えた場所である。保存木に指定されているオリーブは、原木の標石がある所よりも下方にあり、保存木の標柱が目印となる。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.