香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

大原神社のヒノキ

【香川の保存木 112】
  • 写真1 (2014年)
 このヒノキは、幹すじの通った見事な大樹である。枝先はやや枯れているところもあるが、全体として、樹勢は良好である。なお、樹の全景は、立て札からさらに200mほど菅沢方面に進んだ所から眺められる。山の中腹に他の樹木より一際高く聳え立っており、樹の大きさがよく分かる。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
23.6m 3.7m 東西:12.1m
南北:11.2m
高松市西植田町字宮の下7813-2

【道順】

 第97号指定の大森神社の南側にある五叉路から、菅沢方面へ向かう道が南東へ伸びている。この道を3kmほど進むと、左手に「大原神社と大ヒノキ」と書かれた立て札が見える。ここから右への細道を入り、階段を登っていくと、大原神社がある。ヒノキは、社殿の奥にある。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.