香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

楠神社のクスノキ

【香川の保存木 139】
  • 写真1 (2014年)
 クスノキは、神社の東側斜面に立っている。道沿いからはその枝先しか見ることができないが、神社側からは根元を確認することができる。枝先は、折れているものもあるが、樹勢には影響はなく、良好である。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
26.7m 6.7m 東西:15.2m
南北:27.6m
高松市西植田町字数合7093

【道順】

 県道10号線(さぬき東街道)から県道30号線に入り南進すると、市立東植田小学校がある。そこから1kmほど南を右折し、1kmほど西進したところに、葛谷東集会場がある。この集会場の裏側に回りこむ道に入り南進する。この道を1kmほど進むと、右手の竹薮に囲まれた場所に楠神社がある。保存木の標柱が道沿いにあるので、すぐ見つけることが出来る。クスノキは、神社の東側斜面に立っている。なお、楠神社へ向かう道の入り口は分かりにくいため、注意が必要である。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.