香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

大石さんのムクノキ

【香川の保存木 96】
  • 写真1 (2014年)
 ムクノキの幹はやや東へと傾き、北側の枝は住宅地のため幾分切られてはいるものの、樹勢は良好である。また、山麓の傾斜地に立地しているため、その景観はすばらしく、冬場の落葉した姿も見ごたえがある。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
22.0m 5.45m 東西:27.8m
南北:24.8m
高松市西山崎町1328-2

【道順】

国道32号線から新西山崎交差点を経由して県道178号線に入り、北進する。そして、新西山崎交差点から600mほど進むと、左手に石灯籠と綱敷公園の石標が見える。その交差点を今度は左折し、坂道を100mほど進んだ左手に、玉垣で囲まれた大石神社がある。このムクノキは、社殿の後方にあり、神社の御神体である大きな石を抱くようにして生えている。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.