香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

長徳寺のモッコク

【香川の保存木 102】
  • 写真1 (2014年)
 モッコクは、樹冠上部の2,3本の枝が枯れているが、ほぼ自然樹形を保っている。モッコクとしてはかなりの大木である。また、樹皮には地衣類が着生し、老木然とした風情を醸し出している。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
9.5m 2.4m 東西:16.0m
南北:17.0m
丸亀市本島町笠島484

【道順】

本島港から島内に入ると、県道257号線との三叉路に出る。左手に本島中学校を見ながらこれを右折し、本島小学校の前を通りしばらく進むと、長徳寺の看板が見える。これに従い、交差点を左折し、坂道を登っていくと、左手に長徳寺がある。なお、港で自転車を借りることができるので、これを利用すると約10分で行くことができる。

より詳しい地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.