香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

春日神社のムクノキ

【香川の保存木 54】
  • 写真1 (2014年)
 このムクノキは、ほぼ自然樹形で、樹勢は旺盛である。ムクノキは落葉高木で、初夏の新緑も美しいが、落葉後の枝ぶりも見ごたえがある。秋には実が黒く熟し、これを狙ってたくさんのコムクドリが集まってくる。なお、過去にはヤドリギも保存木に指定されていたが、現在では解除されており、切株と標柱を残すのみとなっている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
15.5m 4.0m 東西:11.5m
南北:12.5m
仲多度郡まんのう町七箇中春日1662-2

【道順】

国道32号線の岡田交差点より南に折れ、国道438号線を経由して県道197号線に入る。満濃池を通過し、西進すると、県道4号線との交差点があり左折する。そして、JR土讃線の踏切を越え、2kmほど南進すると、左手に春日神社がある。ムクノキは、神社に向かって、参道の左側に立っており、そばに石灯籠がある。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.