香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

白山神社のクス

【香川の保存木 57】
  • 写真1 (2012年)
 白山神社の境内にはクスノキの大樹が2本あるが、保存木に指定されているのは南側の株で、東南に面した社殿の前の広場を覆っている。  樹齢は約1200年と推定され、樹幹や枝には、コケやノキシノブが着生している。住宅に近い部分は枝が切られているが、今日まで旺盛な樹勢を保っている。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
20.5m 5.64m 東西:23.3m
南北:24.7m
観音寺市観音寺町甲1108-1

【道順】

国道11号線から本大交差点を経由して県道5号線に入り西進すると、やがて市街地に入る。そして、左手に愛媛銀行が見えたら、次の交差点(ここで県道5号線は右に折れる)を左折し、100mほど進み、今度は右折する。ここからさらに100mほど南進すると、白山神社がある。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.