香川の環境のトップページに戻ります  
香川の環境のトップページに戻ります


スタイルシートが無効なため使用できません→ 文字の大きさ: 

香川の保存木

本門寺のクス

【香川の保存木 67】
  • 写真1 (2001年)
 このクスノキは、良好な日照と土地的条件にも恵まれ、大きく成長している。枝の張り、葉数等にも迫力があり、歴史の年輪を刻み込んだ銘木と言うことができる。しかし、最近では枯れ枝の切断により自然樹形が損なわれ、樹勢にも若干の衰えが見られる。

【マップ】                  【データ】

樹高 胸高幹周 枝張り 所在地
17.5m 4.9m 東西:15.8m
南北:17.6m
三豊市三野町下高瀬1916-1

【道順】

国道11号線から道免交差点を経由して県道220号線に入り、西進する。JR予讃線の踏切を越え、さらに200mほど進むと、右手に「さぬき百景」の一つである本門寺がある。境内は広く、クスノキが多いが、保存木に指定されているクスノキは、本殿の南側にあり、県道に覆い被さるように立っている。

周辺地図はこちらから>>>(PDFファイル)


Copyright (C) Kagawa prefecture. All rights reserved.