単子葉植物ユリ科
ユウスゲ  Hemerocallis vespertina
準絶滅危惧(NT)
-
園芸採取、生育地の自然遷移、管理放棄などによって、近年減少しつつある。
山地のやや乾いた草原などに生育する多年草。葉は線形。花はレモン色で夕方に咲き、翌日の午前中に閉じる。
やや乾いた山地の草原やため池の土手などに生育する。
本州・四国・九州に分布する。県内では主に中部地域と島嶼部に分布する。
現地調査では島嶼部も含めて6箇所で生育が確認された。個体数は少ない。
園芸採取、生育地の自然遷移、管理放棄などによって、さらに減少する危険性がある。
(末広喜代一)