10.水と森をめぐるみち

利用の便利さにあわせて、3つの1日コースに分けられています。
1.竜満池〜藤尾神社コース・・・・・約7km
2.藤尾神社〜公渕森林公園コース・・・・・約8km
3.公渕森林公園〜諏訪神社コース・・・・・約8km
地理的には、1と2が多少起伏のあるコース。3は起伏の少ないコースです。 いずれのコースとも、休みながらゆっくり歩いて3〜4時間のコースです。

・最新情報



周辺情報

A. 竜満池

地元では、竜桜公園の名で親しまれている桜の名所。四国新聞社選定のさぬき百景の一つ。

B. 川東八幡神社

応神天皇、仲哀天皇、神功天皇を祭っています。参道、石段の美しい落ち着いた神社。

C. 油山

竜満池の北側にある小さな山。その昔、油が出たという伝説があります。山頂からの眺めは素晴らしく、北に高松市街や屋島、そして南には阿讃山地の山並が見わたせます。

D. 新池

毎年旧暦の8月3日に、ひょうげ祭りが行われることで有名な池。池のほとりに、石だたみのみちが続いています。

E. 神内上池

大正2年に、難工事のすえ完成した静かな山池。野鳥のさえずりをききながら、高台にある休けい所でひとやすみ。

F. 藤尾神社のもみじ並木

渓流沿いに約700mにわたってもみじの並木が続いていて、春の新緑、秋の紅葉の頃にはぜひ訪れたいところ。

G. 藤尾神社

養老年間(717〜723年)に応神天皇を祭ってたてられました。暖帯性の原始林とフジの巨木が有名で、昆虫や鳥類も多く、県の自然環境保全地域に指定されています。拝殿横にある展望台にあがると、眼下に水と森のおりなす美しい風景がどこまでも続いています。

H. 大森神社の大グス

幹周り6.4m樹高30m、枝張東西22m南北34mもあるクスの大木。付近のシンボルツリーになっています。香川県の保存木です。

I. 松尾池

美しい森に囲まれた大きな池。カモ類、カワセミ等の水辺の鳥が多く、又、サカハチチョウ、ミドリシジミ、ヘリグロチャバネセセリ、マルタンヤンマ等の貴重な昆虫も多数生息しています。
池のたもとにある休けい所で、野鳥の声をききながらちょっとひとやすみ。

J. 松尾池周辺のお茶畑

このあたりは県内でも有数のお茶の生産地。さんさんとふりそそぐ太陽のもと、まるで緑のカーペットの様に讃岐のお茶畑が広がっています。

K. 公渕森林公園

水と森に囲まれた、総面積約124haの森林公園。芝生広場やチビッコ広場、緑化センター、青少年の森、アスレチック、キャンプ場等が整備され、子供からお年よりまで、たくさんの人が一年中を通じて訪れています。

L. 二ツ池

水の青く澄んだ美しい池で、堤防からの眺めも素晴らしく気持ちの良いところ。池の西側には水神様を祭った竜現社があります。又、池の南側には、三木町営の農村運動公園があります。

M. 山大寺

東面山山大寺と称され、門前に西国三十三番の石仏と、露座の地蔵尊があります。ちょっとお参り!

M. 奥ノ堂池とゴルフ場

ゴルフ場のグリーン(芝生)と奥ノ堂池の水面とのコントラストがとても美しい。

N. 山大寺池と巌山

巌山は、標高204mの珍しい形の山。遠くからでもよく見え、シンボルになっている山です。巌山の東側の山大寺池は、巌山と調和していて美しい風景をつくりだしています。 又、山大寺池東側にはメタセコイヤの森である太古の森が、南側にはサンスポーツランド三木があります。

O. 諏訪神社

信州の諏訪明神を勧請し、守護神として祭ったとのいい伝えのある神社。休けい所が整備され、地元の人が桜を植えたりして緑にかこまれたいこいの場となっています。