17. タケノコ山のみち
18.茶摘み(ちゃつみ)のみち

17.JRさぬきさいだ駅〜金刀比羅宮石段・・・・・10.1km

タケノコ山のみちは、竹ノ尾越えがちょっときついですが、あとはなだらかなコース。 休みながらゆっくり歩いて約4時間半の道のり。

18.金刀比羅宮石段〜大水上神社・・・・・13.4km

茶摘みのみちは、全体がなだらかなコース。休みながらゆっくり歩いて約5時間のコースです。

大麻山園地のページを見る
・最新情報




周辺情報

A. JRさぬきさいだ駅

無人駅。駅前には香川の保存木に指定されているタブノキの大木があり駅のシンボルとなっています。

A. 箸蔵街道

昔、金刀比羅宮に参拝する人は必ず阿波の箸蔵寺にもお参りしたといわれます。道端にたたずむ石の道標に往時がしのばれます。

B. 木熊野神社

田んぼや集落の上にヌットわき出た入道雲のような鎮守の森。まるで緑の島のようです。タブノキ、クスノキを主とした温暖帯性常緑樹林で、県の自然記念物に指定されています。

C. タケノコ山

まんのう町の山ぞいは、タケノコ栽培がさかんです。かぐや姫に出会えるかも・・・・

D. 竜王展望休けい所

竹ノ尾越から東に約700m。讃岐平野や瀬戸内海を見おろす芝生広場で、お弁当をひろげて大休止!!南側の麓には二宮忠八が世界で初めて飛行機の原理を発見するきっかけとなった樅木峠や二宮公園があります。

E. 加茂神社

鎮守の森に囲まれた境内では、国の重要無形民俗文化財“綾子踊”が2年に1回奉納されます。

F. 伊予土佐街道・牛屋口

このあたりは、旧伊予土佐街道(金毘羅街道)の面影が今もよく残っているところ。68基の石灯篭が立ち並ぶ牛屋口を越え象頭山の原生林の中の小径をたどると、身も心も歴史のロマンに染まります。

G. 金刀比羅宮

「さぬきのこんぴらさん」と昔から親しまれている金刀比羅宮は、海の守護神、五穀豊穣の神さま、医薬の神さま、商売繁盛の神さまとして広く知られ、年間 300万人にも及ぶ参拝客でにぎわっています。下から本宮まで785段、奥社まで1,368段の石段も有名です。又、周辺には、旧金刀比羅大芝居(金丸座)、海の科学館、県立琴平公園など見どころも豊富です。

H. 梅の宮さん

正式には梅之神社。やや高台にあり、古来安産の神さまとして、たくさんの参拝者が訪れています。めずらしい風習があり、是非訪れたいところ。

I. 麻部神社(ひょんの宮)

大木が多く、よく繁茂した社叢。特にイスノキ(ヒョンノキともいう)が多いことで知られ、県の自然記念物に指定されています。

J. お茶畑

「夏も近づく八十八夜・・・・・・・」 高瀬は県下有数の茶どころ。よく手入れされたお茶畑はまるで庭園のようです。 高瀬の茶を詠んだ句に
  茶どころと 聞かねど 新茶たぐいなし
         水原 秋桜子 などがあります。

K. 賢見神社

病気や学問に霊験あらたかな神社として遠くからも訪れる人があります。

L. 長峰神社

旧佐股村の村社。ヤマモモの大木に囲まれています。ここには、高台に休けい所が設けられています。丘陵地に広がるお茶畑を眺めながら、野鳥の声をB.G.M.に小休止!!

M. 大水上神社(香川県緑地環境保全地域)

讃岐二宮といわれ、延喜式内社です。うっそうとした常緑樹林に囲まれ、昼なお暗い境内にたたずむと歴史をさかのぼってしまったような気がします。ここは野鳥の生息地ともなっています。又国指定の史跡「二宮窯跡」があることでも有名です。