人と自然が共生する持続可能な豊かな海を目指して

ホーム >>活動・イベント>> 第2回 かがわ「里海」づくりシンポジウムを開催しました

第2回 かがわ「里海」づくりシンポジウムを開催しました

日時: 平成27年2月28日(土) 10:00〜12:15

場所: サンポートホール高松・第1小ホール

主催: 香川県、かがわ「里海」づくり協議会

共催: 公益財団法人 香川県環境保全公社

プログラム:

  1. 開会挨拶
    •  香川県知事 浜田 恵造
  2. フォト講演会 「里海からのメッセージ」
    •  講師 水中写真家 中村 征夫 氏
  3. 座談会 「美・食・住。極上フィールドここにアリ」
    •  進行役 Office123代表 谷 益美 氏(里海ビジョン&体験WGメンバー)
    •  パネリスト 広島大学名誉教授 松田 治 氏
             (かがわ「里海」づくり協議会アドバイザー)
             香川県漁連青壮年部連絡協議会会長 服部 秀俊 氏
             フリーライター 白井 ひとみ 氏
             水中写真家 中村 征夫 氏
  4. 閉会にあたって 
    •  かがわ「里海」づくり協議会座長 増田 拓朗 氏(香川大学名誉教授)

 「里海」の認知度を高め、これからの里海づくりのあり方について考える「かがわ『里海』づくりシンポジウム」を開催しました。

 シンポジウムでは、水中写真家の中村征夫氏による講演や、谷益美氏をファシリテーターとして、約230人の参加者と登壇者による双方向のやり取りを交えた座談会を開催しました。

 シンポジウムの内容は、平成27年3月17日(火)四国新聞掲載 「豊かな森あるところ 豊かな海」をご覧ください。

 

山川里海