人と自然が共生する持続可能な豊かな海を目指して

ホーム >>活動・イベント>> かがわ「里海」づくりセミナー 〜川ごみ対策を皆で考えよう!〜 を開催しました

かがわ「里海」づくりセミナー 〜川ごみ対策を皆で考えよう!〜 を開催しました

日時: 平成29年2月17日(金) 14:00〜16:00

場所: 香川県社会福祉総合センター 第1中会議室

出席者: 環境保全活動に取り組んでいる、または興味がある団体、企業、県民の方 38名

内容:

  1. 開会
    •  挨拶            香川県環境管理課 副課長 谷久 利香
       かがわの里海づくりについて 香川県環境管理課 主任  橋本 貴世
  2. 講演
    •  講師 NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム 事務局長 伊藤 浩子 氏
  3. ディスカッション
  4. アンケート記入、閉会

 東京都を流れる荒川で毎年1万人以上が参加する「荒川クリーンエイド」活動は、川に落ちているごみの種類と数を調べながら拾うことで、川ごみや水質などの問題を考え、自然を取り戻そうとする活動です。この活動を主催している「NPO法人 荒川クリーンエイド・フォーラム」の事務局長 伊藤浩子さんを講師にお招きし、活動のポイントなどを学び、川ごみ対策について考えるセミナーを開催しました。

 前半は、里海づくりの取組みについて県から説明した後、伊藤さんから荒川クリーンエイド活動についてご紹介いただきました。長年の「調べるごみ拾い」に基づくデータや、様々なセクター・団体との連携など、先進的な取組みに、参加者の皆さんも熱心に聴き入っていました。

 後半のディスカッションでは、FM香川パーソナリティ 岡加依子さんの進行で、講演の感想や今後のアクションなどについて、グループごとに話し合いました。短い時間ではありましたが、皆さん楽しく、真剣に議論されていました。その後、議論の中で出た感想や意見を発表していただき、「PETボトルやレジ袋が多いので何とかしないと」「子どもの頃からの環境への意識付けが大切」といった話が出ました。

 荒川同様、香川県内の河川は多くの生き物や人々の憩いの場となっています。このセミナーがきっかけとなって県内の環境保全活動がさらに活発になってほしいと思います。

講演や発表の様子1
講演や発表の様子2
講演や発表の様子3
講演や発表の様子4

講演や発表の様子

★ディスカッションで使用したとりのこ

★アンケートの集計結果はこちら

 

■配布資料の一部

  1. 次第[PDF:39KB]
  2. 講演資料(スライド)(里海)[PDF:830KB]
  3. アンケート用紙[PDF:47KB]
  4. かがわ「里海」づくりビジョン[PDF:6,796KB]
  5. 海ごみハンドブック[PDF:8,180KB]
  6. 第4回かがわ「里海」づくりシンポジウムチラシ[PDF:744KB]

 

 

山川里海