ホーム > 組織から探す > 環境管理課 > かがわの里海づくり > 「令和3年度水・土壌環境保全活動功労者表彰」(環境省)受賞者に香川県から2団体が選ばれました

ページID:29071

公開日:2021年12月23日

ここから本文です。

「令和3年度水・土壌環境保全活動功労者表彰」(環境省)受賞者に香川県から2団体が選ばれました

 環境省では、水・土壌環境の保全に関し顕著な功績のあった団体や個人に対し、その功績を称えるため、水・土壌環境保全活動功労者として水・大気環境局長表彰を行っています。
 今年度は、本県から推薦していた2団体(逆瀬池周辺の自然を守る会、香川県立多度津高等学校 生物科学部)を含め、全国で15の団体・個人(団体:11団体、個人:4名)が受賞しました。
つきましては、本県受賞者への表彰状の伝達式を次のとおり行います。

1 受賞者の名称及び主な功績


〇逆瀬池周辺の自然を守る会(さかせいけしゅうへんのしぜんをまもるかい)

<主な功績>

 会発足の昭和60年から36年の長期にわたり、逆瀬池周辺の清掃活動、草刈りを行っている。なお。平成13年から県が逆瀬池を「残したい香川の水環境50選」に認定してからは、当該団体は逆瀬池の水環境保全推進員を委嘱されている。

 

〇香川県立多度津高等学校生物科学部(かがわけんりつたどつこうこうせいぶつかがくぶ)

<主な功績> 

 身近な川に関心を高め、水環境保全活動に理解を深めることを目的に、平成21年、平成23年、平成24年、平成26年~令和3年の計11年間にわたり、年1回、金倉川で水生生物による水質調査を行っている。また、平成26年からは、近隣の西白方海岸の海岸漂着ごみ回収活動を年に数回行っている。同じく平成26年度から、90の水槽で飼育管理している絶滅危惧種や外来種を含めた100種の水生生物を、年に数回「ミニ水族館」として一般公開し、生物多様性について啓発を行っている。


2 表彰状の伝達式


日 時:2022年1月13日(木曜日)午後4時30分
場 所:香川県環境森林部長室(県庁東館2階)
伝達者:香川県環境森林部長

3 過去の県関係受賞者(過去5年分)


令和2(2020)年度

〇香川県漁業青壮年部連絡協議会
〇香川県立飯山高等学校自然科学部

令和元(2019)年度

〇綾川町立綾上小学校
〇香川県立高松商業高等学校科学部

平成30(2018)年度

〇綾川町立羽床小学校
〇坂出市立府中小学校

平成29(2017)年度

〇西谷 明氏
〇 高松市立栗林小学校

平成28(2016)年度

〇田野々自治会(観音寺市)
〇大西 徹野氏

 

このページに関するお問い合わせ

環境森林部環境管理課

電話:087-832-3220

FAX:087-806-0228