健やか香川21ヘルスプラン

香川県健康増進計画

トップページ 重点目標 ライフステージ

栄養・食生活

重点目標 おいしく、楽しく、健康的に! 栄養・食生活
実践指針
食事は栄養のバランスを考えて
日々の生活に見合った食事を
地域の食材を生かした日本型食生活を取り入れよう
心ゆたかな楽しい食卓を
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
エネルギー充足率120%以上の者の減少 27.4% 23.2% 20%未満
脂肪エネルギー比率の減少(20〜40歳代) 26.9% 24.7% 25%以下
食塩摂取量の減少 12.1g 10.4g 10g未満
カルシュウムの充足率80%未満の者の減少(20〜50歳代女性) 48.3% 62.2% 30%未満
野菜の摂取量の増加 273g 218g 350g

適正体重者の割合の増加
 児童生徒の肥満児を減らす

 20歳代女性のやせの者
 20〜60歳代男性の肥満者
 40〜60歳代女性の肥満者

 

(6.86%)
(5.92%)
26.3%
29.0%
28.3%



小学生6.46%
中学生7.26%
20.7%
32.0%
26.4%



減少
減少
15%以下
15%以下
20%以下

朝食の欠食率の低下
 児童生徒の朝食の欠食率

 20歳代男性
 30歳代男性

 



18.4%
27.7%

 

小学生14.4%
中学生17.7%
23.3%
9.5%

 

減少
減少
15%以下
15%以下

うどんを食べるとき副食を添える人の増加 54.3% 51.9% 70%以上
健康づくり協力店を増やす (40ヵ所) 213ヵ所 300ヵ所
栄養のバランスのとれたお弁当やお惣菜が揃うことを望む人の増加 (49.8%) 58.0% 70%以上
主食、主菜、副菜を揃えて食べるようにする人の増加 (男性67.0%)
(女性77.4%)
62.5%
69.5%
80%以上
80%以上
1日に1回以上、家族といっしょに食事をする人の増加 78.1% 80.2% すべての年代で80%以上
健康や食生活をよりよくすることを普段から意識している人の増加 男性57.6%
女性74.2%
66.0%
80.9%
80%以上
3・3・30運動を知っている人の増加 19.1% 33.0% 50%以上

身体活動・運動
重点目標 楽しく体を動かそう!体を動かす習慣をつけよう! 身体活動・運動
実践指針
体を動かす習慣を
運動を通して自然や人とのふれあいを
指標
指標 現状値 目標値
運動を習慣として行っている人を増やす
(週2回以上運動している人の割合(20歳以上))
男性25.0%
女性25.8%
30%以上
30%以上
日常生活における歩数の増加 男性8,571
女性7,491
9,500
8,500
体を動かす若者を増やす
 運動やスポーツをする中高生の割合
 授業以外に運動やスポーツを週3日以上実施している児童の割合

63.6%

増やす
増やす

体を動かす高齢者を増やす
(地域活動への参加者の割合(60歳以上))
75.6% 増やす
安心して身体活動・運動が行える場所、利用者を増やす
 運動関連スポーツ施設数
 総合型地域スポーツクラブ数
 里山数
 森林公園利用者数


1,313施設
6クラブ
56区画
年間420千人


増やす
20クラブ
100区画
年間500千人

歯の健康
重点目標 つくろう、守ろう健康な歯と歯ぐき! 歯の健康
実践指針
何でもかめる丈夫な歯をつくろう
 〜むし歯を予防しよう〜
健康な歯ぐきを守ろう
 〜歯周病を予防しよう〜
自分の歯や口の中の健康に関心をもとう
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
むし歯のない幼児の割合の増加 3歳児55.9%
5歳児13.0%
64.6%
34.6%
80%以上
60%以上
12歳児における一人平均むし歯数の減少 2.5歯 1.6歯 1歯以下
間食の時間を決めて飲食する習慣を持つ幼児の割合の増加 56.4% 70%以上
定期的にフッ化物歯面塗布をしている幼児の割合の増加 19.4% 30%以上
進行した歯周病を有している人の割合の減少 40歳55.0%
50歳70.0%

36.0%
46.0%

25%以下
32%以下
80歳で20歯以上、60歳で24歯以上の自分の歯を有する人の割合の増加 80歳28.3%
60歳58.5%
21.7%
56.9%
30%以上
70%以上
歯間部清掃用器具(デンタルフロス・糸(付)ようじや歯間ブラシ)を使用している人の割合の増加 40歳49.5%
50歳46.6%
39.5%
33.0%
60%以上
50%以上
定期的に歯科健康診査を受けている人の割合の増加(過去1年間) 40歳21.7%
50歳31.7%
60歳32.0%
19.8%
36.3%
27.4%
30%以上
40%以上
40%以上
何でもかんで食べることができる人の割合の増加 (60歳60.5%) 65.1% 90%以上
歯周病予防に取り組む市町の増加(成人対象) 健康教育60.5%
健康相談41.9%
歯周疾患検診39.5%
54.1%
59.5%
59.5%
100%
100%
100%

こころの健康
重点目標 こころも体も健康に! こころの健康
実践指針
ぐっすり眠って、すっきり目覚め
生きがい持って、こころも体も健康に
すべての世代で自殺を防ごう
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
自殺者の減少 238人 208人 170人以下
最近1ヵ月間にストレスを感じた人の割合の減少 60.2% 61.6% 1割以上の減少
ストレスが負担で解消法もない人の減少 12.1% 25.5% 10%以下
睡眠で充分疲れが取れていない人の割合の減少 46.4% 52.3% 1割以上の減少
日常生活に満足している人の割合の増加 47.5% 39.1% 1割以上の増加
相談窓口(常設又は指定日)の増加

学校―


職場―
市町―

小中学校
77校/81校
高校
20校/34校
29施設
5市町

増加


増加
すべての市町に設置


喫煙
重点目標 きれいな空気が吸える環境をつくろう 喫煙
実践指針
分煙された快適な生活環境を増やそう
未成年者の喫煙をなくそう
喫煙による健康障害を減らそう
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
20歳代の喫煙率 男性58.1%
女性18.9%
60.0%
12.2%
減少
減少
妊産婦の喫煙率 8.1% 0%

喫煙が及ぼす害についての知識の普及
 ・肺がん、脳卒中、妊娠に関連した異常、喘息、気管支炎、心臓病、胃潰瘍、歯周病等に対する影響

 


 ・受動喫煙に対する影響










肺がん94.8%
脳卒中34.4%
妊娠に関係した異常45.7%
気管支炎55.6%
心臓病15.5%
胃潰瘍14.7%
歯周病20.7%
93.9%
100%








100%
喫煙対策事業に取り組む市町の増加 4市町 8市町 100%
公共施設の完全分煙・禁煙の実施 56% 100%
未成年者の喫煙率
 中1男子
 中1女子
 高3男子
 高3女子










0%
0%
0%
0%
県内すべての小・中・高等学校での喫煙防止に関する教育の実施 100% 100%
販売店における未成年者へのタバコ販売をしない旨の表示 100% 100%
香川県禁煙・分煙施設認定制度による認定施設の増加 1,000件

飲酒
重点目標 アルコールによる健康障害を防ごう 飲酒
実践指針
お酒はほどほどに
未成年者の飲酒を防ごう
飲酒による健康障害を減らそう
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
特定健康診査でγGTP値が保健指導判定値を超えている人の割合 10%以下
1日平均して日本酒2合以上、ビール大ビン1本以上飲む人の割合 男性16.1%
女性1.8%
11.7%
1.8%
半減
半減
適正飲酒の量を知っている人の割合 男性―
女性―
66.1%
60.5%

100%
100%

未成年者で飲酒している人の割合
 中3男子
 中3女子
 高3男子
 高3女子









0%
0%
0%
0%
県内すべての小・中・高等学校での飲酒防止に関する教育の実施 100% 100%
販売店、飲食店における未成年者への酒類販売をしない旨の表示 販売店
100%
100%

生活習慣病
重点目標 メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)という概念を理解し、健康行動を身につけ生活習慣病の発症を予防するとともに、健康診査受診による早期発見、早期治療に努めよう。 生活習慣病
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値

がん検診受診率の増加
 肺がん
 胃がん
 大腸がん
 乳がん
 子宮がん






20.8%
28.9%
22.9%
25.2%
24.7%
50%以上
50%以上
50%以上
50%以上
50%以上
メタボリックシンドロームの概念を知っている人の割合 63.9% 80%以上
特定健康診査の実施率 70%以上
特定保健指導の実施率 45%以上
メタボリックシンドロームの該当者及び予備群の減少率(*1) 10%減少
脳血管疾患の年齢区間別死亡確率
(0-64)の減少 10万人対
男性1,176人
女性605人
910人
538人
590人以下
305人以下
心疾患の年齢区間別死亡確率
(0-64)の減少 10万人対
男性2,274
女性789人
2,318人
789人
1,140人以下
400人以下
高血圧を有する人の減少 男性51.0%
女性39.5%
46.9%
41.7%

40.8%以下
31.6%以下

糖尿病の可能性が高い人の減少(*2) 男性7.9%
女性7.3%
9.5%
7.7%
11.5%以下
10.6%以下
高脂血症を有する人の減少 男性10.0%
女性17.9%
17.2%
21.2%
5.0%以下
8.9%以下
県民一人あたりの生活習慣病に関する医療費の減少 (40〜59歳16,477円)
(60歳以上127,454円)

16,947円

119,040円

減少
*1 特定保健指導の対象者であり、治療中の人は除く
*2 生活習慣の改善がない場合、男性12.4%、女性11.4%に増加すると推計されている

リハビリテーション
重点目標 身体の機能が低下した状態にある人でも、希望を持って機能の維持回復を図ることができるようにする。 リハビリテーション
指標
指標 プラン当初 現状値 目標値
地域リハビリテーション広域支援センター・県リハビリテーション支援センターの指定 0 地域5か所、県1か所指定済み 現状維持
地域リハビリテーション広域支援センターと連携した事業を実施している市町の数 7市町 全市町

リハビリテーション関係機関の連携数の増加

連携システムのある施設計:40.2%
医療機関:34.7%
老健施設

:65.5%
特養:39.6%
自治体:34.3%
増やす
歩道バリアフリー化 要改善延長27km 12.8kmを改善 24kmを改善
福祉のまちづくり適合証交付件数の増加 37件 126件 230件

身近な健康施策
重点目標 身近な健康施策
インフルエンザ、食中毒、O157、アレルギー、アトピー、環境ホルモン等、身近な問題や新しい課題から健康を守る。高齢者の健康づくり、生きがいづくり、介護予防施策を推進する。

Copyright c Kagawa prefecture. All rights reserved.