ホーム > 組織から探す > 健康福祉総務課 > 地域保健 > 健康危機管理 > 感染警戒期における対策について

ページID:1193

公開日:2020年8月31日

ここから本文です。

感染警戒期における対策について

対策期間:8月22日(土曜日)~9月11日(金曜日)

1.県民への協力要請等(法第24条第9項)

(1)外出について

  • 不要不急の県外への移動については慎重に検討するよう協力要請。県外に移動した場合、帰県後14日間は行動記録を取るよう協力要請
  • 発熱等の症状がある場合は、都道府県をまたぐ移動はもとより、外出を控えるよう協力要請
  • 業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等に基づく感染防止策が徹底されていない施設等への外出を控えることを協力要請
    別添1:業種別ガイドライン(PDF:201KB)
  • 厚生労働省「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」を積極的にインストールするよう協力要請。
  • 施設や店舗等の利用、イベント参加の際、県が導入したLINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」を積極的に利用することを協力要請
    別添2:かがわコロナお知らせシステム(PDF:2,547KB)
    ※ただし、感染拡大の兆候や施設等におけるクラスターの発生があった場合、外出の自粛に関して速やかに必要な協力要請等を行う。

(2)新しい生活様式の徹底について

2.事業者への協力要請等(法第24条第9項)

  • 業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドラインや県が策定した適切な感染防止対策に基づき、感染防止対策の徹底を図ることを協力要請
  • 適切な感染防止対策を講じた上で、LINEアプリ「かがわコロナお知らせシステム」を積極的に導入・様式掲示するなど、感染防止対策を徹底していることを示す様式を掲示することを協力要請
  • 在宅勤務(テレワーク)、オンライン会議などの積極的な活用により、出勤者数の低減に取り組むことを協力要請。特に、この期間は集中的に協力要請
  • 出勤した場合には、座席間の間隔を取ることや従業員の執務オフィスの分散を促すことを協力要請
  • 時差出勤、自家用車・自転車・徒歩等による通勤等、人との接触を低減する取組みを推進することを協力要請
  • 事業所に関係する方が感染した際には、保健所の調査に協力することを協力要請

3.催物(イベント等)の開催(法第24条第9項)

催物(イベント等)の開催については、「新しい生活様式」や業種ごとに策定される感染拡大予防ガイドライン等に基づく適切な感染防止策を講じることを協力要請
協力要請に応じていただくことを前提にして、国の基本的対処方針等を踏まえ、催物(イベント等)の開催制限の段階的緩和の当面の方針に沿った参加人数等での開催を可能とする。

4.県有施設等における対応

適切な感染防止対策を講じた上で、開館

5.観光振興

観光振興については、まずは、四国4県から取り組むこととし、その状況を踏まえつつ、対象地域等を適宜見直す。

6.県の対応

  • 感染事例に関する疫学的調査を積極的に進める。
  • PCR検査の充実強化を図る。
  • 県の新型コロナウイルス感染症対策予算を速やかに執行する。

新しい生活様式啓発ポスター(PDF:56KB)

関連リンク

知事から県民の皆様への重ねてのお願い(令和2年7月17日)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する情報

ダウンロード

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康福祉総務課

電話:087-832-3335

FAX:087-806-0209