健康Q&A

子どもの急病対応の知識

発熱

子どもが熱を出した!

子どもが熱を出し機嫌が悪くなっている図子どもは、夕方から夜にかけて発熱することが多いものです。

そこで、ご両親があわてても、決して良いことはありません。 もし、お子さんの体温が38.5℃程度までで、きげん良く選んでいるか、すやすや眠っているような時は、あわてずに様子を見ていてください。

39℃とか40℃になると、フラフラするか、機嫌が悪くなります。このような時は、診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


熱が出たら、どうするの!ビニール袋の活用の図

熱がでたら、熱を下げる工夫をしてみましょう。

お子さんの熱を下げるには、次のような方法があります。

戻るボタン戻る


熱は一旦下がったけど・・・冷やしすぎに注意

お子さんの体温が38℃程度に下がって、すやすや眠り始めるか、きげんが良くなるようなら、大した病気ではないことが多いのです。 体温は下がったのに、まだきげんが悪い、グズる、呼吸が荒いなどの症状があれば、診療を受けましょう。

お子さんの熱が下がっても、ご両親は大変でしょうが、数時間ごとに水を入れ替えてあげると、 熱を下げたままで朝を迎えることができます。くれぐれも体温を下げ過ぎないように注意しましよう。

朝になったら、落ち着いて小児科医に受診しましよう。

注:早く熱を下げようとして、水の中に氷を入れるならば、小さな氷塊を5個くらいでやめてください。冷蔵庫で作った氷でも、氷を多く入れると、 今度は冷たすぎてお子さんが嫌がりますし、触れている部分が凍傷になることもなりますし、熱が下がりすぎて顔色が青くなることもあります。

戻るボタン戻る


熱性けいれん

熱が上がるときにけいれんを起こすことがあります。初めてのけいれんや長時間続くけいれんは診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


嘔吐

子どもが吐いた!体を横向きにして吐いたものを吸い込まないように

吐いたものを気管に吸い込まないようお子さんの体を横向きにしましよう。

そして、急にムカムカして中土いたのか、咳をした後で吐いたのか、顔色が変わっていないか、 吐いたものはどのようなものか、お腹が張っていないかなどを観察してください。 口を水ですすがせる

戻るボタン戻る


吐いたらどうするの?吐いたものに血液とかが入っていないか確認

吐いたものに血液とか黄色や緑色の液が入っていないかなどをみましょう。

お腹をさすってみて、痛がるところはないか、張っていないかなどをみましょう。

自宅で1回だけ浣腸をして排便させると良くなることがありますので、試してみてはいかがですか。

お子さんが吐いた後で"キーツ"というような激しい泣き方を繰り返すようなら、急いで診察を受けましょう。 激しい泣き方を繰り返すようなら、急いで病院へ 痛がるところがないか張っていないかをみる

戻るボタン戻る


吐き気が止まったら

炭酸飲料、牛乳などは飲ませてはダメ! 水、番茶か幼児用イオン飲料をスプーンで少しずつ飲ませてみます。吐かなければ、5〜10分おきに飲ませてみます。 4、5回飲ませて、吐かないようならば、朝まで待っても大丈夫でしょう。

注:オレンジなど柑橘系の飲み物や炭酸飲料、牛乳などは、吐き気を増強させますので飲ませてはいけません。

戻るボタン戻る


吐いた後に・・・

続けて何回も吐くようなら病院へ吐いた後に次の症状があれば、早めに診察を受けてください。

  1. 続けて何回も吐いているとき
  2. ひきつけを起こすか、意識がぼんやりしているとき
  3. 強い頭痛を伴うとき
  4. 出た大便に血液がついているとき
  5. 尿が8時間以上出ていないとき

お子さんが吐いていても、あわてずにお子さんの様子を観察してください。ほとんどの場合にあわてる必要はありませんが、 上にあげた1から5の項目にあてはまるときは早めに診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


下痢

子どもが下痢をした!

どのような下利便か確認お腹を冷やさないようにします。

どのような下痢便か観察しましよう。

水のようか、泥のようか、血液が付いているか、ネバネバした粘液が付いているか、などは診断のために非常に役立ちます。

下痢便をしたオムツはビニール袋に入れて診察の時に持参 便をオムツにしたなら、オムツを残しておきましょう。オムツをしていないなら、下痢便の一部をビニール袋に入れておいて、診察を受けるときに持参してください。

下痢の回数が多いとき、ぐったりし始めたとき、尿の臭いがくさいとき、脱水症状のあるときなどは輸液が必要となるので診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


下痢をしたらどうするの

下痢便の回数と症状、おしっこの回数はメモしておく 1回の下痢便で止まることもありますが、下痢便の回数と性状(血液が付いているか、水様便かなど)や、おしっこの回数はメモをしておきましょう。

発熱、発疹のある・なしも確認してください。

母乳は、そのまま飲ませてよいでしょう。

母乳でなければ、最初は白湯を少し飲ませてみるか、人工乳を普通の2倍に薄めて(ミルク粉1サジで40ml)飲ませてみます。乳幼児用イオン飲料でも結構です。 いずれにしても、飲ませたことにより吐き気を示すことがありますので、多くても20ml程度だけで様子を見ます。

大きな子なら、絶食も少しは効果ありますが、乳幼児では、長くても3時間程度で飲ませ始めましょう。

その後は、おかゆ程度から開始しますが、量は控えめにしてください。

戻るボタン戻る


どうして下痢を止めないの?

下痢を無理に止めないことも大事な治療です。お腹に悪いウイルスとか細菌が入ったために下痢は起きます。

体内から早く排出しようとして下痢になっています。下痢止めなどにより排出しようとする働きを止めてしまうと、 ウイルスや細菌が腸の中で増えるために、さらに症状は悪くなることが多いのです。

下痢を無理に止めないことも大事な治療です。整腸剤といわれる乳酸菌製剤などで、腸管内の悪い細菌などが増えにくい状態にしてあげます。

戻るボタン戻る


どんなものを食べさせてもよいの?

おかゆ・おじや・うどんなどを少しずつ食べさてみる。 最初に食べてもよい物は、おかゆ、おじや、うどんなどのでんぷん質を少しずつ食べさせてみましょう。

油を使ったものや繊維質のものは避けます。

戻るボタン戻る


腹痛

お腹が痛いといいます熱がないか吐き気がないかなど注意する。

発熱していないか、吐き気がないか、下痢をしていないか、おなかを抱え込むように痛がらないか、激しい泣き方をしていないか、などに注意しましよう。

それから、おなかが張っていないか、全体的にさわってみましょう。それから指を少し立てぎみにして柔らかく押しながら移動させ、一定の場所に痛みを訴えるかどうかみてください。

排便でなおることもありますので、トイレに行かせても出ないなら、浣腸をしてみましょう。大便とか尿とかが出たら、血液がないかどうか、いつものような大便や尿かどうか確認してください。 指を少し立ててやわらかく押しながら移動して、どこを痛がるかをみる。 トイレに行かせてみる。 トイレで出ないなら浣腸をしてみましょう。

戻るボタン戻る


おなかが痛い時はどうするの?

お腹の左上から下の方を痛がるときは、便秘の場合も 右下の方を痛がるときは、虫垂炎の場合も・・・ おなかをさわってみましょう。

左上から下の方を痛がるときは、便秘のこともあります。

右下の方を痛がるときは、虫垂炎(いわゆる盲腸炎)などもありますので、発熱、吐き気、激しい泣き方など他の症状があるか観察してください。

次第に痛みが強くなるときは、診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


痛みがおさまりだしたら?

オレンジなどの柑橘系のものや牛乳などは飲ませてはダメ! 簡単に痛みがおさまるようなら、少し水分を飲ませてください。

吐き気やおなかの痛みがあるときは、オレンジなどの柑橘系のものや牛乳類は飲ませてはいけません。よけいに痛みが強くなるか、吐き気を示すこともあります。

戻るボタン戻る


喘鳴(ぜんめい)

呼吸に伴って、ゼーゼ−、ヒューヒューという音が聞こえるのを喘鳴といいます。

これは鼻から気管支への気道に分泌物や痰が溜まり狭くなっているときに聞こえます。

喘鳴が聞こえる!

首の付け根が、息をするたびに凹むかどうか見てください。

熱があるか、咳が強いか、息づかいや発汗の様子もみてください。

いつもはイビキをかかないのに、イビキをかいているかどうか。

注:喘鳴でも、ヒューヒューという音の聞かれるときは、分泌物の水分が少なくなっています。

戻るボタン戻る


喘鳴が聞こえたらどうするの?

喘鳴が聞こえても、スヤスヤ眠れるときは、様子を見ても大丈夫でしょう。

水分の補給と部屋の湿度を高くする。水分の補給を十分にして、 部屋の湿度を高くします。加湿器がなくても、室内に洗濯物を干すとか、濡れたタオルをぶら下げるだけでも湿度は上がります。

ゼーゼーからヒューヒューという音に変わるようなら、体を起こして寄りかかる姿勢にすると、お子さんは楽になります。

痰などの分泌物を出やすくするため、水分を少量ずつ頻回に飲ませ、背中をさすったリ軽くトントンと叩いたりしてあげると、効果があります。

ゼーゼーや咳でよく眠れないときは、診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


喘鳴が強いときは?

背中をさすったりトントンとたたくと痰などが出やすい。喘鳴が強くなるときは、診察を受けましょう。

喘鳴があるときは、呼吸が少し苦しいので、換気を心がけましよう。

普段どおりの会話ができるか、食欲があるかなども注意してください。

乳児で、呼吸が苦しそうで、発熱をともなっていたら診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


咳が出ます!

咳がでる10分に1回くらいのゴホツという咳は、様子を見ても大丈夫。

発熱しているときや何度も咳き込んで吐くときは診察を受けましょう。次のようなときも診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


咳が出たらどうするの?

窓を開ける水を少し飲ませ、窓を開けて換気すると軽くなることがあります。

痰を出させるためには、水分摂取と体位交換が必要です。

ぬるま湯で湿したタオルを口や鼻にソッと当ててみると、痰が出やすくなることもありますので、試してください(長くても15秒程度でやめる)。 蒸しタオルを手で持てるまで冷やして口や鼻にそっと当ててみる。

水分を飲ませるとき、オレンジなどの柑橘系の飲み物や牛乳類は吐き気を誘発するので飲ませないでください。

乳幼児で呼吸数が普段より多く(1分間50回以上)、顔色が悪くなって、呼吸が苦しそうなときは急いで診察を受けましょう。

気管支喘息(小児喘息など)といわれたことがあり、呼吸が苦しそうでゼーゼー聞こえ、前胸部の上の方や肋骨の間がペコペコ凹む呼吸(陥没呼吸)があるときは、診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


発疹・湿疹

腕に発疹が出ている図何らかの原因で、ジンマシンのように急に出た皮膚の変化を発疹と言い、 アトピー性皮膚炎とか赤ちゃんの顔に持続的に出ている皮膚の変化を湿疹と言います。

発疹が出ました!

どのような発疹ですか?かゆがリますか?発疹が広がりますか?発疹の場所を痛がりますか?

発疹の形は小さな赤みなのか、いろんな形をした大きなものか、少し盛り上がっているか、透き通ったもので押さえて赤みが消えるか、などを観察してください。

戻るボタン戻る


発疹がでたらどうするの?

急に出ることが多いのは、ジンマシンです。

ジンマシンは、原因不明のこともありますが、多くは何らかの食べ物が原因となり、出る場所によって大きさや形の違う、淡紅色で少し盛り上がった発疹です。

普段使っている虫刺されの薬を塗っている ジンマシンでも、強いかゆみがないとか、発疹が数個だけならばその部分を冷やしてみるか、普段使っている虫刺されの薬を塗って様子を見てもよいでしょう。

発疹がどんどん広がるとか、かゆみが強いとか、発熱またはゼーゼーという呼吸を伴っているときは、診察を受けましょう。

透き通った定規やコップなどで発疹を押さえたままで発疹のあった場所を見て、赤みが消えずに同じ赤さを保っているときは、診察を受けましょう。 発疹を押さえたままで赤みが消えない時は診察を

戻るボタン戻る


けいれん(ひきつけ)

急に身体の一部または全身をピクビクないしガクガクさせたり、意識がなくなって、目が固定してグーツと突っ張ったりすることを"けいれん(ひきつけ)"と言います。

けいれんをおこしました!

戻るボタン戻る


けいれんをしたらどうするの?

次の場合は、できるだけ早く診察を受けましょう。衣服をゆるめて寝かせる

  1. 10分以上続くとき、
  2. けいれんの止まった後で、呼びかけや痛み刺激を与えても目を開けたり嫌がったりしないとき、
  3. 意識は回復したが、どこかにマヒがあるとき、
  4. 発熱2日目以後にけいれんを起こしたとき。

戻るボタン戻る


けいれんの予防は?

けいれんを予防する坐剤があります。詳しくは、かかりつけの小児科医に相談しておきましょう。いわゆる良性の"熱性けいれん"は、何度起こしても、特に後遺症を残す心配はありません。

戻るボタン戻る


熱性けいれん

熱が上がるときにけいれんを起すことがあります。初めてのけいれんや、長時間続くけいれんの時は、診察を受けましょう。

戻るボタン戻る


誤飲

誤飲した図子どもが、飲み込むと危険なものを飲み込んだ場合を誤飲といいます。

家庭の中であっても、子どもに危険なものはたくさんあります。

タバコ、医薬品、漂白剤、殺虫剤、燃料(灯油など)、ボタン電池などです。

誤飲しました!

落ちついて、何を飲み込んだか周囲にあるものから推測してください。

漂白剤などは吐かせると危険なので病院へ灯油など揮発性のある石油製品と漂白剤、強い酸やアルカリの製品などは、吐かせるとかえって危険ですので、診察を受けましょう。これ以外の場合は、一度、吐かせてみるとよいでしょう。

飲み込んだものの残りや、吐いたもの、その容器、添付説明書などは、診察を受けるときに必ず持参してください。

戻るボタン戻る


心配のない誤飲物

体温計の水銀、クレヨン、石けん、インク、絵の具、墨汁、化粧水、シリカゲル、線香

戻るボタン戻る


吐かせ方

指をノドの奥に入れて舌を押し下げる指をノドの奥に入れて舌を押し下げ吐かせる。

戻るボタン戻る


ノドに詰まっているとき

  1. 頭を下にして背中を叩く
  2. 後ろからお子さんのお腹の前で指を組み、お子さんのお腹を上後ろ方向に強く引き上げる

戻るボタン戻る


タバコ

タバコ

危険なたばこを食べている図"タバコを食べてしまった"といっても、あまりのニガサのために普通は1cmも食べてはいませんが、その場に残っているものを確認してください。それからお子さんが飲み込んでいるかもしれませんので、吐かせてみます。吐いたものの中に、タバコの葉が1、2枚程度でしたら、あわてないで大丈夫です。

吐いたものの中にタバコの葉が1、2枚程度でしたら、あわてないでだいじょうぶ2cm以上を食べたようでしたら、できるだけ早く診察を受けましょう。

特に、タバコの灰皿の汁や、タバコを捨てたジュース缶などの残りを飲んだ場合は、できるだけ早く診察を受けましょう。すぐに病院へ

戻るボタン戻る


厚生労働科学研究の「お子さんの急病対応ガイドブック」より引用しています。