使い方
  1. TOP
  2. フォトトピックス
  3. 2020年度のフォトトピックス
  4. 「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム(SASP)」を開催しました!

「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム(SASP)」を開催しました!

「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム(SASP)」を開催しました!
2020.08.29

「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム(SASP)」を開催しました!

 「高校生のための瀬戸内アートサマープログラム(SASP)」を開催しました。
 8月8日のオリエンテーションでは、北川フラム総合ディレクターらによる講義があり、瀬戸内国際芸術祭の活動を通して、地域に興味を持ち、さまざまな角度から探究していくことの必要性についてお話しいただきました。午後からは、こえび隊や専門家の方々の指導のもと、各島について詳しく学ぶとともに、グループ分けやテーマ設定等を行いました。
 8月9日には、女木島や男木島、豊島、直島を実際に訪れ、地元の人から話を聞いたり、芸術祭の作品や美術館などの施設を見学したりしました。大島については、ワークショップ形式で島のことを学びあう活動を行いました。
 8月29日には、自分たちが学んだことや考えたことについて発表するプレゼンテーションを行い、北川フラム総合ディレクターや香川大学創造工学部の長谷川修一教授らに講評いただきました。
 瀬戸内国際芸術祭や瀬戸内の島々について学び、その成果を発表し合う活動を通して、自分たちの住む地域の魅力について考えるきっかけとなる事業となりました。
フォトトピックス一覧へ戻る

フェイスブックはこちらをクリック