ホーム > 退職後に禁錮以上の刑に処せられた教職員の退職手当の返納命令処分について

ページID:22801

公開日:2021年3月12日

ここから本文です。

退職後に禁錮以上の刑に処せられた教職員の退職手当の返納命令処分について

1.元教職員の所属等
元観音寺市内の県立高校教職員 61歳 男

2.処分内容
退職手当の返納命令処分

3.処分年月日
令和3年3月12日

4.処分理由
元教職員は、在職期間中の行為に関して住居侵入で公訴が提起され、令和2年8月5日、懲役1年2月、執行猶予3年の刑が確定した。
このことは、生徒や保護者をはじめとする県民の教職員に対する信頼を大きく損なうものであり、その責任は重いことなどから、既に支払い済みである退職手当の返納について、香川県職員退職手当条例第16条第2項の規定に基づき香川県人事委員会に諮問したところ、令和3年3月5日付けで全部返納命令処分が適当であるとの答申があったため、同条例第13条第1項の規定に基づき、全部返納命令処分を行うものである。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会総務課

電話:087-832-3738

FAX:087-806-0233