香川県教育委員会 > 教育委員会について > 組織 > 教育委員会の組織 > 生涯学習・文化財課 > 香川県立屋島少年自然の家の地下タンク重油漏れの検査結果について

ページID:28215

公開日:2021年11月8日

ここから本文です。

香川県立屋島少年自然の家の地下タンク重油漏れの検査結果について

屋島少年自然の家の地下タンク重油漏れについて、原因調査のため、高松市東消防署の立会いのもと、タンク気密検査やタンク周辺のボーリング調査等を実施したところ、タンクの破損及び周辺の土壌への流出は確認されませんでした。
なお、盗難の可能性があることから、警察に相談しているところです。

地下タンクの概要

  • 所在地
    高松市屋島東町34-1
  • 用途
    第2宿泊棟の浴室用温水、暖房及び食堂棟の冷暖房に使用するA重油の地下タンク
  • 容量
    1,900リットル

重油漏れと考えられた事象

令和3年9月初旬に重油タンクの残量1,700リットルを確認していましたが、9月15日、約250リットルがタンク内に残存しており、1,450リットルの流出が推定されていた。

重油漏れの原因の調査結果等

  • 重油タンク気密検査(9月22日)
    重油タンクに加圧(20キロパスカル)してタンクの破損の有無を確認しましたが、検査の結果、タンクの破損は確認できなかった。
  • ボーリング調査(9月29日)
    重油タンク周囲3か所のボーリング調査をしましたが、調査の結果、土壌から油の成分は検出されなかった。
  • 重油タンクの油量等確認(10月13日~10月31日)
    油の成分が検出されなかったことから、10月13日に高松市東消防署立会いのもと、地下タンクにA重油500リットルの給油を行い、10月31日まで地下タンク内の油量確認及び漏洩検査管からの油膜確認を行ったが、油量の減少や漏洩検査管からの油膜は確認されなかった。
  • 消防署による立入検査での判断(11月1日)
    高松市東消防署による立入検査を受け、タンクに不備欠陥等が認められず良好と判断された。

このページに関するお問い合わせ

教育委員会生涯学習・文化財課

電話:087-832-3771

FAX:087-831-1912