ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 常設展 > アート・コレクション「20世紀の美術2-版画の世界」

ページID:31402

公開日:2022年3月18日

ここから本文です。

アートコレクション「20世紀の美術2-版画の世界」

会期 令和4年3月23日(水曜日)~5月8日(日曜日)
会場 香川県立ミュージアム 常設展示室2
展示内容 アート・コレクションは、美術作品や歴史資料など、県立ミュージアムの数ある所蔵品から美術に焦点をあて、鑑賞の楽しみを味わっていただく展示です。
本展では、西洋美術の所蔵作品の中から版画作品を取り上げ、特に版画の装丁に注目しながら紹介します。
版画は書籍に多く使われてきた技法で、カンディンスキー《響き》やデュシャン《大ガラスと関連作品》は豪華本として出版されました。読書というよりも鑑賞のための作品として版画が刷り上げられ、装丁も凝ったつくりです。
ピカソ《ギターを持つ男》は画面サイズが小さいため、額装には余白が大きくとられています。ベン・シャーン《詩人》の額は親友だったジョージ・ナカシマが特別に作ったもので、木の素材感を大胆に活かしています。ナカシマの代表作《コノイドチェア》とともに御覧ください。
展示件数 9件18点
観覧料 一般410円(330円) *( )内は20名以上の団体料金
*高校生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方は無料
*特別展「戦後デザイン運動の原点」(4月9日~)観覧券でも御覧いただけます

 

関連行事

当館学芸員によるミュージアム・トーク

日時など

日時:令和4年3月27日(日曜日)午後1時30分より
場所:常設展示室2

申し込み不要、観覧券が必要

このページに関するお問い合わせ