ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 展覧会 > 常設展 > 季節を楽しむ冬から春へ(常設展示室2)

ページID:20397

公開日:2020年12月10日

ここから本文です。

アート・コレクション 季節を楽しむ 冬から春へ

会期

令和3年1月2日(土曜日)~3月28日(日曜日)

前期:1月2日~2月14日、後期:2月16日~3月28日
【休館日】毎週月曜日(1月4日・11(月曜日)は開館)、3月1日~3月8日
【開館時間】9時00分~17時00分(*入館は閉館の30分前まで)

会場 香川県立ミュージアム 常設展示室 2
展示内容 旬の食べ物、変化する景色、季節ごとの行事など、私たちの生活と切っても切り離せない、四季。季節を表現する言葉が多く存在するように、人々は四季折々の情景を楽しんできました。絵画では、動植物や気候といった様々なモチーフを盛り込むことによって、季節ごとの風景を描き出します。そこには、移ろいゆく季節をとらえようとする工夫が凝らされています。本展では、絵画を通して寒い冬から雪解けの春へと変わっていく様子をお楽しみください。
展示点数 前期8点・後期7点
観覧料 一般410円/団体(20名以上)330円
*特別展観覧券でも観覧可
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は観覧料無料

関連行事

当館学芸員によるミュージア・ムトーク

日時など 令和3年2月6日(土曜日)、3月14日(日曜日)各13時30分~
参加無料・申込不要
※観覧券が必要です。
※参加者多数の場合、受付を締め切らせていただく場合があります

主な展示資料

小林萬吾≪島上の春≫1943年(JPG:103KB)
通期:小林萬吾≪島上の春≫1943

泥谷文景≪残雪≫(JPG:100KB)
後期:泥谷文景≪残雪≫

このページに関するお問い合わせ