ホーム > 組織から探す > 県立ミュージアム > 香川県立ミュージアム > 東かがわ市・香川県立ミュージアム連携展「城を旅する」

ページID:28232

公開日:2021年11月11日

ここから本文です。

東かがわ市・香川県立ミュージアム連携展
「城を旅する」

会期 令和3年1120日(土曜日)~1226日(日曜日
前期 :11月20日(土曜日) ~12月6日(月曜日)
後期 :12月8日(水曜日)~12月26日(日曜日)
開館時間: 9時~17時*入館は閉館の30分前まで
休 館 日:毎週火曜日
会場 東かがわ市歴史民俗資料館(香川県東かがわ市引田1000番地4)
展示内容 香川県立ミュージアムが所蔵する美術作品を、県内各地域における身近な施設で展示を行うことで、より親しみやすい美術鑑賞の機会を創出することを目的として開催する展覧会です。今回、東かがわ市歴史民俗資料館の展示スペースを利用して7度目を迎える展示を行います。
今回の展覧会「城を旅する」では、東かがわ市の引田城跡が令和2年に国史跡に指定されたことから、東かがわ市歴史民俗資料館所蔵の引田城関連資料と、香川県立ミュージアが所蔵する井上員男の「日本の城」シリーズ(紙版画)を合わせて展示します。
引田城跡は築城当時の石垣や曲輪が残るものの、建物は残っていません。井上作品で描かれた建物が残る城と対比して、往時の引田城を想像してください。
コロナ禍の中、全国の城を巡ることができない状況が続いていますが、描かれた著名な城を鑑賞することで、城を旅する仮想体験をしてもらい、城への関心・想像を高めていただければ幸いです。
※井上員男(1932-)は三豊郡紀伊村(現 観音寺市大野原町)出身で、独自の紙版画技法を開拓した。主な作品シリーズに「版画平家物語」「瀬戸内」「四国の漁港」などがある。
※主催 東かがわ市教育委員会/共催 香川県立ミュージアム

 
展示点数

前期10点、後期10点

県立ミュージアム所蔵作品5点の入れ替えがあります。

観覧料 無料

 

主な展示作品

【通期】 「讃岐国名勝図会」 東かがわ市歴史民俗資料館蔵 【通期】荒田秀也「城山を望む」東かがわ市歴史民俗資料館蔵 
讃岐国名勝図会 城山を望む
【前期】井上員男「高松城」 香川県立ミュージアム蔵 【後期】井上員男「岐阜城」 香川県立ミュージアム蔵
高松城 岐阜城

 

このページに関するお問い合わせ