特別展の詳しい情報

展示アーカイブ(常設展)

アートコレクション
描かれた人々―福岡青嵐の写生画からー

 絵画には、様々な主題やモチーフが存在します。その中でも、「人」は代表的な主題として挙げることができます。一口に「人を描く」といっても、その表現方法は様々です。まず、対象を誰にするか。他者を描くことも、自分自身を描くこともあります。また、性別や年齢、国籍などによっても表現は変わってきます。そして、人を一人描くものから群像まで、人に焦点をあてたものから風景に現れる人まで。その登場の仕方は多様です。
 本展では、明治から昭和にかけて活躍した日本画家・福岡青嵐(1879-1954)が、香川に滞在した間(1903-06)に描いた写生画における人の描かれ方を4つの視点に分けて紹介します。
会期 平成30127日()~325日(
前期 1月27日(土)~2月18日(日) / 後期 2月21日(水)~3月25日(日)
※2/20は展示替えのため閉室します。

※休館日:月曜日(ただし、2月12日は開館)、2月13日        
     3月12日~19日は臨時休館
開館時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
会場 香川県立ミュージアム 常設展示室4・5
展示点数 前期 40点 後期 39点
観覧料 一般 410円 団体(20名以上)330円
※ 高校生以下の方、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料