特別展の詳しい情報

常設展示室2

アート・コレクション 猪熊弦一郎 色と形の遊び

会期 令和2年12日(木) ~510日(日)

【休館日】毎週月曜日 (1/6(月)・1/13(月)・2/24(月)は開館) 
【臨時休館】2月25日(火)~3月9日(月)
会場 香川県立ミュージアム 常設展示室 2
展示内容  当館の所蔵作品の中から、猪熊弦一郎(1902~1993)の作品を紹介します。 猪熊は、1902年に高松市に生まれ、フランス、ニューヨークと活動の拠点を移しながら、戦後アメリカの新しい美術に触発され独自の表現を見出しました。晩年には色と形がキャンバスの中で自由に遊ぶように描くスタイルを確立しました。
 猪熊の作品には、造形表現における最も基本的なカタチ、○や△や□が頻繁に登場します。幼い子どもが簡単に描けるこのカタチは、猪熊の純粋さを象徴的に表しています。自身に真摯に向き合い、90年の生涯を通して、描き続けた猪熊弦一郎。
「描くことは生きること」、そう語った猪熊の色と形にまつわる作品を紹介します。                                                     
展示点数  前期(1月 2日 (木)~2月24日(月))12点 
後期(3月10日(火)~5月10日(日))11点  
展示作品  【前期 (1月2日~2月24日)】
〇座像 1929 油彩・カンバス             
〇キオスクⅠ 1939 油彩・カンバス     
〇宇宙サーカス 1981  油彩・カンバス  
〇Face13 NO’1(イサム・ノグチに捧ぐ)  アクリル・カンバス    ほか          【後期 (3月10日~5月10日)】  
〇自画像 1926 油彩・カンバス
〇ニースの女 1939 油彩・カンバス
〇角と世界と丸 1979 アクリル・カンバス
〇バレリーナ 21世紀に贈るメッセージⅠ 1988 アクリル・カンバス   ほか
観覧料  一般410円 / 団体(20名以上)330円  
*特別展観覧券でも観覧可            
*高校生以下、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は観覧料無料       

関連行事

当館学芸員によるミュージアムトーク

日時など 令和2年2月15日(土)、3月21日(土)各13:30~
参加無料・申込不要 *観覧券が必要です

ボランティアによるミュージアムトーク

日時など 会期中 日曜日(1/26~3/29の間のみ実施) 11:00~12:00
参加無料・申込不要 *観覧券が必要です