特別展の詳しい情報

次回開催の特別展

自然に挑む 江戸の超(スーパー)グラフィック 
               -高松松平家博物図譜

 
瀬戸内国際芸術祭の春、高松松平家の「博物図譜」をこれまでにない規模で公開!! 最先端の4K8K超高精細映像で「博物図譜」の驚異の描写力に迫ります!
 
画像をクリックしますとチラシのPDF が開けます。

会期 平成3127日()~26日(
 ※休館日 5月7日(火)5月13日(月)5月20日(月) 
開館時間 9:00~17:00
(入館は閉館の30分前まで)
夜間開館 午後8時まで(入館は閉館の30分前まで)
4月27日(土)~5月6日(月)5月10日(金)5月11日(土)5月17日(金)5月18日(土)5月24日(金)5月25日(土)
会場 香川県立ミュージアム 2階特別展示室 
展示内容 讃岐国高松藩を治めた高松松平家には、水生生物を描く「衆鱗図」、鳥を描く「衆禽画譜」、植物を描く「衆芳画譜」「写生画帖」の4種13帖(一括して、香川県指定有形文化財「高松松平家博物図譜」 以下、松平家図譜と略す)の博物図譜が伝来しています。松平家図譜は五代藩主・松平頼恭(1711‐71)によって、18世紀半ばに制作されました。 松平家図譜では、実物のサイズ感を大切にしつつ、花や根から果実の断面に至るまでの多角的な視点、羽や鱗、葉脈といった細かな部分までの広い視野をもって、魚・鳥・植物を観察しています。そして、見えるか見えないかというほどの微細な線、質感を表すための素材や彩色の工夫、平面にこだわらない表現方法などを駆使し、存在感のある姿で描写しています。その表現は様々なメディアが存在する現代においても、見る人に「ここまで描くか⁉」という驚きをもたらします。 今回の展覧会では「松平家図譜」を史上最多の展示量で公開します。また、NHK高松放送局のご協力により、4K8K超高精細映像でその細部に迫り、驚異的な描写力をご覧いただきます。 本展を通じて、松平家図譜がいかに“超(スーパー)グラフィック”であるか、その魅力を堪能していただきましたら幸いです。
観覧料 一般1000円 前売800円 団体(20名以上)800円 瀬戸芸パスポート提示(1回限り)800円
※高校生以下の方、65歳以上の方、身体障害者手帳等をお持ちの方は無料
※5月18日(土)「国際博物館の日」は観覧料無料。
組織 主催|香川県立ミュージアム 共催|NHK高松放送局、四国新聞社、香川県教育委員会 
後援|香川県文化財保護協会、朝日新聞高松総局、産経新聞社高松支局、山陽新聞社、        日本経済新聞社高松支局、毎日新聞高松支局、読売新聞高松総局、OHK岡山放送、
   RSK山陽放送、KSB瀬戸内海放送、TSCテレビせとうち、RNC西日本放送、FM香川、     FM815 
助成|公益財団法人 松平公益会、公益財団法人 花王 芸術・科学財団
前売券 香川県立ミュージアム、JRみどりの窓口(ワープ香川中部支店を除く) コンビニエンスストア(ローソン、ミニストップ、ファミリーマート、セブンイレブン)の各種端末(「香川県立ミュージアム」で検索)
開会式・内覧会  2019年 4月26日(金) 詳細は後日お知らせします。



展示構成とみどころ





1. 松平家図譜の世界
自然への興味関心は、時代や場所を超えて共有される感覚と言えます。そのような関心から、自然物をまとめた書物が多く制作されました。日本でも江戸時代に遡ると、自然界を解き明かそうとする博物書や博物図譜がさかんに作られるようになります。大名が中心となって作られた博物図譜は、緻密な絵をもって自然を表現していますが、高松藩を治めた松平家においても、博物図譜の代表とも呼べるものが制作されました。 松平家図譜4種13帖には、計2,141 図が収められ、名前を記した付(つけ)札(ふだ)が付けられています。均一な描線や細部までの描き込み、丹念な彩色や色味へのこだわりが見られ、中には、箔を使用した図や大胆に盛り上げた箇所もあります。また、魚や鳥、および植物の一部は輪郭線によって切り抜かれて、台紙に貼られています。
写真:鯛(「衆鱗図 第一帖」 高松松平家歴史資料)



2.自然に挑む
松平家図譜では、細部にいたるまで様々な技法を駆使して、自然物を描き出し、対象物の姿・形・特徴を鑑賞者に伝えようとしています。
(1) 2.5次元絵画
松平家図譜では、精緻な線や濃密な色彩のほか、胡粉による盛り上げや切り抜きといった立体的な手法が見られます。これらの技法は日本美術において見られるもので、平面表現だけではなく、立体表現も含む平面・立体にこだわらない表現の多様性があります。松平家図譜ではそれらを、効果的に用いることで“超(スーパー)グラフィック“とも言える表現に到達します。
写真:鯵(一部)(「衆鱗図 第一帖」 高松松平家歴史資料)


(2)松平家が目指すもの
魚や鳥、植物は絵画でしばしば取り上げられる題材で、江戸時代において対象の質感に迫る作品が多く描かれています。松平家図譜の表現は、これら江戸絵画の上に成り立っている一方、対象のみを抜き出し、精緻な描写や濃密な彩色を均一に施す点に、対象の特徴を伝えるという明確な意図がうかがえます。  
  
写真:
狩野探幽「白鷴図」(静岡県立美術館蔵)


3.松平家図譜の時代
博物学隆盛や殖産興業といった自然への関心の高まりによって誕生した松平家図譜は、高い評価を得るとともに、様々な博物図譜に影響を与えることになります。その誕生の背景には、高松藩主・松平頼恭の存在があります。
(1) 博物学と図譜
18世紀は博物学の時代といえます。日本では自然への興味関心が高まり、自然物を集積・紹介する博物書が多く編纂されます。松平家図譜はこのような時代背景のもと、制作されました。博物書からの影響は松平家図譜の描写にも見られます。一方で、それまでの博物書は文字情報を補足するものとして図を用いることが多かったのですが、松平家図譜では、よりビジュアルを重視するようになっています。 写真:『大和本草』(国立公文書館蔵)




 
(2)松平家図譜がもたらしたもの
松平家は「衆鱗図」の原型あるいは「衆鱗図」を複製した「魚図」を、将軍家に献上します。また、松平家図譜は、多くの博物図譜の転写元となりました。その広がりは、転写を通じてシーボルトの手にもわたります。松平家図譜は、様々な人々に求められたと考えられます。一方で、松平家図譜の技法は一部を除いて継承されておらず、膨大な労力を惜しまずに編纂された松平家図譜は、後年の博物図譜の追随を許さないものと言えます。
写真上:オオハム (「衆禽画譜 水禽」 高松松平家歴史資料)
写真下:オオハム (堀田正敦「禽譜」 東京国立博物館蔵)






(3)お殿様の図譜
松平家図譜は、高松藩5代藩主・松平頼恭の命で制作されました。頼恭は、博物学への関心が高く、平賀源内に命じて貝の採集を行い、それを整理し、標本箱に収めるほか、薬園を創設するなどしました。また、博物学大名とも呼ばれる人々との交流もみられます。頼恭の熱意やそれを可能とする人材や知識などがあったからこそ、”超(スーパー)グラフィック” の松平家図譜が誕生しました。

写真:「写生画帖 雑木」(高松松平家歴史資料)

関連イベント  

①スペシャルトーク

        
日時・
講師
4月28日(日)13:30~14:30
 三中信宏氏(国立研究開発法人  農業環境変動研究センター専門員)
会場 2階展覧会会場(入場には観覧券が必要)
内容  生物統計学者、進化生物学者の三中信宏氏の豊富な知識と幅広い知見からみた「松平家図譜」の魅力を、会場でお話しいただきます。
申込  不要

②講演会 「松平頼恭と博物学大名のネットワーク」

   
日時・
講師
5月11日(土)13:30~14:30
 今橋理子氏(学習院女子大学教授)
会場 地下1階講堂
内容 歴史に埋もれていた「博物図譜」に着目し、日本美術・文化史上における意義を明らかにした 今橋理子氏が「松平家図譜」とその周辺についてお話します。  
申込  230名(要事前申込) 無料
  電子申請での申し込みはこちら

③学芸講座 「松平家図譜の魅力」 

   
日時・
講師
5月19日(日)13:30~15:00
 鹿間里奈(当館学芸員)
会場 地下1階研修室
内容 展示を担当した学芸員が「松平家図譜」に関してお話しします。
申込 70名(要事前申込) 無料
  電子申請での申し込みはこちら

④学芸講座 「博物図譜を作ったお殿様ー松平頼恭」」 

   
日時・
講師
5月25日(土)13:30~15:00
 御厨義道(当館主任専門学芸員)
会場 地下1階研修室
内容 「松平家図譜」を作った高松藩五代藩主松平頼恭とはどんな人物であったのかに迫ります。        
申込 70名(要事前申込) 無料
  電子申請での申し込みはこちら

⑤ミュージアム・トーク

   
日時
4月27日(土)、5月6日(月・休)、12日(日)、26日(日) 13:30~ 

4月28日(日)、5月4日(土・祝)、11日(土)、18日(土)、25日(土)18:30~  
会場 2階展覧会会場(入場には観覧券が必要です)
内容 展示担当者が会場で展覧会の内容について解説します。      
申込 不要
 

⑥ワークショップ 「衆鱗図」つり堀

   
日時
5月1日(水・祝)、2日(木・休)、12日(日)、26日(日) 10:00~12:00、13:00~16:00
会場 2階西ロビー
内容 松平家図譜「衆鱗図」に登場する海の生き物たちを釣っちゃおう!時間内に何匹釣れるかな?    
参加費 100円(保険料含む)
 

⑦なんちゃって「衆鱗図」作ろう!!

   
日時
5月3日(金・祝)、4日(土・祝)、19日(日)
10:00~12:00、13:00~16:00
会場 2階西ロビー
内容 銀箔を使って魚の「てかり」を見事に表現している松平家図譜「衆鱗図」。これをアルミホイルで、まねして作っちゃおう。どこまで「衆鱗図」にせまれるか?   
参加費 200円(保険料含む)※カッター等の刃物を使った工作になります。
 

⑧チャレンジ!「松平家図譜」の技

   
日時
5月5日(日・祝)、6日(月・休)、25日(土)
10:00~12:00、13:00~16:00
会場 2階西ロビー
内容  図の輪郭を見事に切り抜いている「松平家図譜」。どのぐらいすごいのか、図譜のコピーを使って実際に切り抜きに挑戦。江戸の技を超えられるか! 
参加費 申込不要 (随時受付)  
200円(保険料含む)※カッター等の刃物を使った工作になります。
 

カフェポット ミュゼ & ミュージアムショップ
特別展にちなんだメニュー・関連グッズをご用意してお待ちしております。